フランクミュラーの名を世界に知らしめた カサブランカ

フランク・ミュラーFRANCK MULLER

FRANCK MULLER PROMOTION MOVIE 2015 -YouTube動画

フランクミュラーFRANCK MULLER 初のステンレスモデル カサブランカ

franck_muller_casa_01

「フランク・ミュラー」は、時計産業で有名なスイスのラ・ショード・フォンに生まれたフランク・ミュラーによって、1992年に誕生しました。創設者のフランク・ミュラーは、幼いころから時計づくりの才能に目覚め、ジュネーブ時計学校では数々の優秀賞を授与され、コレクターやミュージアムの間では不世出の天才として有名でした。1992年に、自らの会社を設立し、複雑な機構を持った腕時計の心臓部は、着想・設計・開発までのすべてのプロセスを自社工房で行うという哲学で世界を驚かせました。フランク・ミュラー製品は、複雑時計の他に、アンティーク腕時計に用いられていた「ビザン数字」を用いた文字盤、曲線を帯びた樽型の「トノー・カーベックス」などの独創的なケースが特徴で、これはフランク・ミュラーがアンティーク時計の修理で培った知識と技術に基づくデザインセンスによるところです。つねに独創的な腕時計を発表し続けるブランド、「フランク・ミュラー」は世界中の愛好家ばかりではなく、世界中の誰もが注目している、今最も勢いのあるブランドです。
映画「CASABLANCA」を名前の由来とするフランクミューラー初のステンレス・スティールモデル「カサブランカ」。1940年代の“憧れの旅”を体現するように、ヨーロッパの人々がヴァカンスの際に愛用したステンレススティールを使用したケース、真っ暗な夜道のために夜光塗料を施したインデックス、さらにUV非処理により、ヴィンテージ・ウォッチのような風合いに変化(エイジング)を楽しむことが出来る文字盤、全てにこだわりが詰まったアイテムです。永く使ってもらうことで自分だけのヴィンテージウォッチへと変化して行く様も楽しんでもらえるように考え抜かれた、一生ものにふさわしいアイテムです。

引用元-−-amazon.co.jp

視認性の良さとあえてUV非処理なカサブランカの文字盤

1920年代を代表する名作映画にちなんで名づけられた「カサブランカ」はステンレススティールがフランク ミュラーのコレクションに初めて採用されたモデルです。当時のヨーロッパではバカンスに行く時に、傷つきやすい金時計よりも当時の最先端技術でもあり、耐久性に優れたステンレススティール素材の時計を携帯することが粋でした。時代背景を時計に投影したフランク ミュラーは、街路灯の明かりが無いところでも視認性を確保できるよう畜光塗料を施した文字盤も採用しています。モロッコの砂漠の色合い、パリのエレガンス、丈夫なカーフベルトにロウ引きされたステッチなど、歴史とフランク ミュラーの現代的な解釈が見事に融合されています。またオーナーと同じように年齢を重ね、エイジングする文字盤の様子は、時間の経過も機械式時計の醍醐味であることを雄弁に語ります。

引用元-−-FRANCK MULLER 公式

その名を世界に知らしめた カサブランカCASABLANCA

砂漠から保護をする目的で、フランクミュラー初のSS(ステンレス・スティール)を採用した。

それまではゴールドやプラチナの時計しか生産してきておらず手の届かない雲上のブランドとして一部のコレクターに愛されてきたフランクミュラーだが、フランクミュラー初のベーシックモデルとして世界中にフランクミュラーの名前を知らしめるモデルとなった。

特にカサブランカサハラはサハラ砂漠の暑さにも負けないようにカラーストラップを採用し、真っ暗でも見えるように文字盤に蛍光塗料を塗っている。

あえてUV加工を施していない為使用していくと色が変化していき、ヴィンテージ感を楽しむことができる。

フランクミュラー1本目のエントリーモデルとして有名でフランクミュラーを代表するモデルです。

FRANCK MULLERカサブランカ 5850CASA OAC Black

20150204-143423

1920年~40年代、フランス領モロッコ最大の都市”カサブランカ”は当時ヨーロッパの高級避寒地であり貴族階級の人々がバカンスで訪れる土地でした。ゴールドやプラチナ製の時計をパーティーなどで着用する傍ら、日常ではステンレス製の腕時計を着けて優雅な時間を過ごしたといわれています。そんなノスタルジックな時代背景やロマン溢れる優雅な時間をイメージして”カサブランカ”は創られました。

光沢のあるトノウ・カーベックス。美しい3次元曲線のケースに何十年もの時代を経て出来上がるビンテージの彩りをあえて採用した文字盤は、街路灯も無いサハラ砂漠をはじめとした静かな砂漠地帯と相反して地中海側の優雅で明るい街並みが共存する時代背景や景色を表現しているような印象を受けます。

ブラックダイヤルのカサブランカはいつの日か、黒く濃い色彩からグレーがかった炭色へと変化していきます。エイジングされる優しい色合いに大きな夜光のインデックスが寄り添うことで躍動感のあるビザン数字が静かに眠りにつく幻想の世界を感じさせることでしょう。自然に出来上がるカサブランカの演出を90年代に既に想定したフランク ミュラーに脱帽するのと同時に1920年代のヨーロッパの栄華をガラス越しに見ているようなどこか懐かしい気持ちに引き込まれます。

ステンレススティールのケースとブレスレットには専門の技術者による新品同様の仕上げが施され、美しい耀きを保っています。

2015 新作モデル カサブランカ カモフラージュ ブルー

watch_02

「カサブランカ」はフランク ミュラーの創業初期1994年に発表された代表作のひとつです。1940年代。ヨーロッパの上流階級が避寒地として訪れたのが、フランス領だったモロッコ・カサブランカ。サハラ砂漠に隣接する特殊な気候やヨーロッパとは異なる文化をもつこの地は、小説や映画の舞台としても有名です。「カサブランカ」はラグジュアリーなだけでなく、アクティブさとスタイリッシュさを兼ね備えたフランク ミュラーの“トラベラーズ ウォッチ”として進化を繰り返してきました。そして2015年、新作「カサブランカ カモフラージュ ブルー」は、“トラベラーズ ウォッチ”としての機能性をそのままに、カモフラージュ柄という個性が加えられ、新たな魅力を際立たせています。フランク ミュラーには数少ないヘアライン仕上げを施したケースにブレスレット。ダイアルには、ブルー グラデーションのビザン数字を重ね合わせて配置することで、オリジナリティー溢れるカモフラージュ柄を作り上げました。「カサブランカ カモフラージュ ブルー」は、現代をアクティブに生きたいと考える人に使って欲しい時計です。ビジネスシーンの最前線に立つだけでなくプライベートでも精力的に活動する、そして世界を舞台に活躍するようなアグレッシブな日々を送っている人物こそ、冒険心を掻き立てる時計「カサブランカ」の最新モデルを着けるにふさわしいのかもしれません。

引用元-−-FRANCK MULLER 公式

Franck Muller Making a Dial -YouTube動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました