オメガOMEGA メンズの定番アイテム 「デビル De Ville」

オメガOMEGA

OMEGA De Ville Chronograph -YouTube動画

YouTube
Bagikan video Anda dengan teman, keluarga, dan dunia

オメガOMEGA デビルDE VILLE

images

オメガのドレスウォッチラインとして根強い人気を誇るデビル。1960年に誕生したこのモデルは、クラシカルな意匠の格調高い雰囲気とシンプルで実用性に優れたデザインが特徴です。1999年にはオメガの精度を飛躍的に高めたといわれる「コーアクシャル脱進機」をいち早く搭載したのもこのモデル。より高級感を演出した「プレステージ」や女性用モデルの「レディマティック」など、豊富なバリエーションから選べるのもデビルの魅力です。

引用元-−-ブランド腕時計 ブルーク 公式通販

オメガOMEGA 「デ・ヴィル コーアクシャル」 コレクション

p2071

「オメガ デ・ヴィル コーアクシャル」コレクションは、18Kレッドゴールドまたはステンレススティール製の伝統的な41mmケース、ローマ数字が美しくあしらわれたシンプルなダイアル、そしてこれまで製造されたものの中で最高の機械式時計ムーブメントのひとつを備え、クラシックなメンズモデルのあるべき姿を力強くかつ正確に表現しています。

18Kレッドゴールド製の「デ・ヴィル コーアクシャル」は、シルバーまたはブラウンのダイアルカラーがあります。18Kレッドゴールド製ブレスレットまたはブラウンのレザーストラップとの組み合わせが可能で、18Kレッドゴールド製のローターとテンプ受けを備えたオメガ コーアクシャル・キャリバー 8501を搭載しています。

引用元-−-オメガ・ウォッチ: Swiss Luxury Watch Manufacturer

コーアクシャル脱進機とは

80_omegaplanetchrono_04

同軸脱進機[編集]
コーアクシャル・エスケープメント、コーアクシャル脱進機とも。2枚のガンギ車を同軸上に配置することでガンギ車歯先にかかる摩擦を最小限に抑える設計で、1974年[14]に発明された。このことにより潤滑油補給の必要がなくオーバーホールの間隔が長くなった。この功績によりロンドン市立大学名誉工学博士号を授与されている。
量産が難しくまたコストが高くなるため当初は自作の時計にしか採用されなかった。ダニエルズは同軸脱進機を組み込んだ懐中時計をパテック・フィリップに持ち込んだが、「これはすごい機構だ。でも腕時計に転用することはあなたでも無理でしょう」と言われた。ダニエルズはオメガのCal.1045に同軸脱進機を組み込んで再びパテック・フィリップを訪ねたが「確かに驚異的です。しかかしこれをわが社のフラットタイプのモデルに転用することはできないでしょうね」と言われた。ダニエルズはガンギ車の歯を12枚から8枚に減らす等抜本的に設計変更し、約6週間でケース厚2mmのフラットモデルに組み込むことに成功、1982年からほぼ毎日着用することで耐久試験を行なった結果1994年に自動巻の巻上げ機構が故障するまでの12年間分解掃除なしで正常に動作した。パテック・フィリップは実用性に興味を示したが、時期尚早ということで流れてしまった。ロレックスにも見せたが全く理解されなかったという。しかし1990年代半ばにオメガが量産化を企図し、1999年に『デ・ビル・コーアクシャル』(De Ville Co-Axial )のCal.2500に採用された。

引用元-−-Wikipedia

コーアクシャル脱進機のメリット

aad93c24f5592f3f226d64717c140e24f7eb6233

レバー脱進機では、アンクルの傾いた面に沿って歯車の歯がスライドします。このスライドによって大きな摩擦が発生し、脱進機を正確に機能させるためには、適切な注油が必要になります。しかし、油は環境によって変化するだけでなく、非常に劣化しやすいため、長期間では精度の安定性が損なわれます。 一方、コーアクシャル・エスケープメントでは、部品の半径方向の動きによる接線方向の力を利用してエネルギーが伝達されます。スライドの動きが非常に短いため、接触面が大幅に減り、脱進機の摩擦が減ります。その結果、脱進機の機構は、歯と噛み合う歯車の機構と似たようなものとなります。つまり、注油に影響されないため、長期間にわたり安定した精度が得られます。 ※摩耗を防ぐには、ガンギ車の歯の先に保護膜がほんの少しあるだけで十分です。

引用元-−-Stories | OMEGA モバイルサイト

オメガOMEGA腕時計年代物のデビル

オメガの年代物腕時計といえば1894年製作の「キャリバーオメガ」を始めとし、1952年の「コンステレーション」、1957年の「スピードマスター」、1967年の「デ・ビル」など時計ファンならずとも誰でも知っている世界の最高級品です。

1848年の創設時より多くの名品を産んできたオメガ腕時計年代物の価値とは一体どのようなものなのでしょうか。

年代物のオメガ腕時計の価値としては、現代の腕時計にはない「美術工芸品的な魅力」が挙げられます。
これは当時の熟練した職人が、誇りをもって丁寧な手作業で腕時計を造り上げていた事に起因しています。

特に腕時計の心臓部ともいえるムーブメントには定評があり、名機と称される30ミリキャリバーは革新的な精度で「動く美術品」とも称されていました。
もちろん価値の高い年代物のオメガ腕時計でも、ムーブメントの精度の良さに変わりはありません。

引用元-−-オメガ腕時計 知って得する情報 ~オメガ購入で迷ったらココ!~

変わらず愛されるオメガ デビルの魅力

om64de_last

今と変わらずこの当時もオメガは高級品で、誰でも持てる時計ではありませんでした。この当時良く売れていた国産時計(セイコー56系ロードマチックなど)がだいたい2万円前後、それに対し、オメガのデビル・手巻きシリーズは7万円以上しました。小ぶりながらも堂々とした佇まいで、高級品としてのプライドと凛とした気品を感じる紳士的な時計です。

完成された普遍的なデザインのため、アンティークっぽい雰囲気はあまりありませんが、この薄さと小ぶりなケースはアンティーク時計ならではの作りです。

引用元-−-アンティーク時計 USEDウォッチの買取・販売の店 “ケイアイウォッチ”

コメント

タイトルとURLをコピーしました