ロシア海軍のダイバー用公式時計でもあったインビクタINVICTA

インビクタINVICTA

インビクタINVICTA プロダイバー -YouTube動画

1837年にスイスで生まれたインビクタINVICTA

82_invicta_01

ロシア海軍が公式に使用していたダイバーズウォッチとして有名であるが、元々はスイス時計産業の中心地ラ・ショー・ド・フォンで誕生し、スイス時計で一度名を馳せたものの一度その歴史に幕を閉じます

しかし、そのクオリティを眠らせておくのは惜しいと、1991年にアメリカの資本で復活するという数奇な運命の時計ブランドです

インビクタは、時計産業の中心として知られているスイスのラ・ショー・ド・フォンで、1837年に創業者ラファエル・ピカルド氏の「質の高いスイス時計を求めやすい価格で提供したい」という想いから誕生した歴史あるブランドです。ETA社のムーブメントを使っている数少ないブランドとしても知られ、300以上の厳しい検査で高品質を保証し、機能性の高さにも定評があります。特に、耐水性を備え過酷な環境でも動作するダイバーウオッチは、ロシア海軍がダイバー用の時計として公式に使用していたブランドとしても有名であり、プロダイバーシリーズや、ルーファクロノグラフシリーズが世界中のセレブリティやコレクター、ファッショニスタに愛されています。世界中のコレクターやファッショニスタに広く知られている。

引用元-−-共栄産業株式会社

インビクタINVICTAコンセプト

1837年スイスに誕生したインビクタは、創業以来「革新性」「最高水準のクオリティ」「他の追随を許さないオリジナリティ」を表現し続けてきました。創業者ラファエル・ピカルド氏の 「質の高いスイス時計を求めやすい価格で提供したい」という想いは、今も変わらず受け継がれています。

1970年代、多くの時計ブランド同様に、クオーツ・ショックによりインビクタも一度は栄光から遠ざかることとなりましたが、1990年代初頭にアメリカで新たなスタートを切ったインビクタ・グループは、情熱と先進性を武器に、独自の歴史を築いています。2000年には、「オーシャン・ゴースト」「ルパー」のような特徴的なビッグケースのダイバーウォッチの開発に着手し、現在は、30種類以上もの幅広いコレクションを展開しています。

インビクタの高い技術力は、複雑なデザインのケースにも表現されています。インビクタのケースはディテールまで徹底的にこだわってデザインされ、その個性あふれるデザインを製品化する優れた技術力は、革新性への熱意を表現しています。現在も独立系のブランドとして、創業時の精神と理想は、ブランドアイデンティティとしてインビクタに脈々と流れているのです。類を見ない高い品質基準を設けることで、様々な価格帯でインビクタは、コレクターやファッショニスタを魅了し続けています。

引用元-−-インビクタ(INVICTA)日本公式サイト

インビクタINVICTAのムーブメント

アメリカ国内で作られている時計はすべて、“Made In USA”コレクションとして出している。
そして今もなおINVICTAのプロダクトラインには、日本の時計会社のレーベルが、ムーブメント(自動巻機械)の製造地を時計のオリジンとしているように、Swiss Made(スイス製)の腕時計として、スイスのETA社、Sellita社、RONDA社のムーブメントの使用している。

そうそう、忘れてはいけないのが、INVICTAのプロダクトラインの一つに、なんと日本のシチズン系列のムーブメント供給会社、MIYOTA社の自動巻機械が入っているJapan Madeもあるということだ!

引用元-−-インビクタ 腕時計専門店

元NFLのジェイソン・テイラーがデザインを「Jason Taylor」シリーズ

Jasontaylor

また、近年はセレブリティとのパートナーシップによる商品開発に力を注いでいるインビクタは、元NFLの有名ラインバッカーであるジェイソン・テイラーとのシリーズ「Jason Taylor」は、文字通り彼の圧倒的な存在感を表すように時計業界で高い注目を集めています。「Jason Taylor」は、ジェイソンからインスピレーションを受け、ユニークで洗練されたデザインを確立しています。

引用元-−-インビクタ(INVICTA)日本公式サイト

インビクタ社、非営利組織であるインビクタ・ケア財団の様々な慈善活動

インビクタ社は、非営利組織であるインビクタ・ケア財団を運営し、経済援助を必要とする諸問題に対し、広く支援を行っている。
2005年:ハリケーン・カトリーナ被害に対し、アメリカ赤十字社を通じ12万7,846ドルの寄附[5]。
2010年:エクアドルの深刻な貧困地域であるミンド(英語版)へ支援を行う「Emmaus Medical Mission」に対する経済的援助[6]。
2012年:海外へと派遣されるアメリカ軍兵士に対し、無償での時計提供[7]。
2013年:「Joe DiMaggio Children’s Hospital」を支援するための、自転車レース「ツール・ド・ブロワード」の筆頭スポンサー。

引用元-−-Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました