モンブランMONTBLANC 名門との融合で最高峰の腕時計を!

モンブランMONTBLANC

モンブランMONTBLANC トゥールビヨン腕時計 -YouTube動画

SIHH 2015で発表されたモンブランMONTBLANC ヴァスコ・ダ・ガマ

トゥールビヨン シリンドリック ジオスフェア
ヴァスコ・ダ・ガマ リミテッドエディション18

地球儀による圧巻のワールドタイム表示

モンブランは、大航海時代に新航路発見したヴァスコ・ダ・ガマをトリビュートするモデルを発表した。画期的なシリンダー型のヒゲゼンマイを装備し、装飾性も豊かなキャリッジが12時位置に姿を覗かせるトゥールビヨンである。

しかし、そのハイレベルなトゥールビヨンも、このモデルの場合は脇役になってしまうかもしれない。時計の下側にはめ込まれた2つの球体こそがこの時計の主役である。それらは、北半球と南半球を精密かつ立体的に描いた地球儀であり、その姿と、それぞれの外周にプリントされた回転するスケールでワールドタイム表示を行う。しかも、独自のすかし構造により、それぞれの半球の夜の部分は微妙にスモークがかかっているという芸の細かさ。芸術的に世界の時を見せる究極のモデルだ。

引用元-−- Web Magazine OPENERS

モンブランの歴史

main_1

モンブラン(MONTBLANC)の歴史は、1906年ドイツのハンブルグにて万年筆メーカー「シンプロ・フィラーペン・カンパニー」としてスタートしたことに始まる。老舗高級万年筆ブランドとして有名なモンブラン(MONTBLANC)の、時計ブランドとしてのデビューは1997年のS.I.H.H。時計会社「モンブラン モントレ S.A」を設立するまで3年の準備期間を要し、ドイツのクラフツマンシップとスイスの時計製造技術の見事な融合が、時計業界だけでなく、腕時計ファンからの注目を集めた。
現在も創業地であるドイツ・ハンブルグに本社を置くモンブランであるが、時計工房は時計の聖地と言われるスイスのル・ロークルを拠点としている。さらに2006年には名門時計メーカー、ミネルバ(MINERVA)を引き継ぎ、彼らの培ってきた時計技術とモンブラン(MONTBLANC)の新たな発想で共同開発を行い、マニュファクチュールとしての道を躍進している。
モンブラン(MONTBLANC)の代表的なウォッチとしては、ブランドシンボルのホワイトスターに由来する「スター」シリーズや、建築デザインから発想を得た「タイムウォーカー」、角型時計の「プロファイル」などが挙げられる。いずれもモンブラン(MONTBLANC)の掲げる「高品質、モンブランのクラフツマンシップ、普遍的な価値」を体現するプロダクトである。 また、2008年には初の自社製ムーブメントを搭載した「スター ニコラリューセック」を発表し話題を呼ぶなど、トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーといった複雑時計製作に力を注ぐブランドとしても認知されるようになった。

引用元-−-Gressive

モンブランに搭載される名門ブランド ミネルバMINERVA

Calibre-MB-M16.29

モンブランと言えば、ミネルバ(MINERVA)を知らないと・・・。モンブランが単なる新規参入組の時計ブランドだと考えるのは、大間違いです。なにせ、モンブランは150年、機械式時計を作りつづけたミネルバと融合(フュージョン)した、150年の歴史を誇る名門機械式時計ブランドなのですから。

ミネルバは1858年にスイスで誕生した機械式時計ブランドです。手作りムーブメント、機械式時計を作り続けています。製造は完全自社生産を堅持し、その技術はスイス機械式時計ブランドの中でも、名門、一流です。

ミネルバ エボーシュ(エボーシュとは、ムーブメント製造メーカーが生産する未完成のムーブメントのこと)を製造できるメーカーは多くはなく、ミネルバは第2次世界大戦中、主にドイツ空軍・海軍に腕時計を供給していましたが、その優れた品質から、アメリカ海軍・陸軍、フランス空軍、スペイン空軍、フィンランド軍、ハンガリー軍、ブルガリア軍などにも、クロノグラフやストップウォッチを供給しました。

ミネルバ独自技術のコイルバネを使用したストップウォッチや、良質のクロノグラフは多くの機械式時計マニアの支持を獲得、2006年にモンブランと合併し、150年の伝統を、ドイツの名門万年筆ブランドの作る時計へ融合を果たし、モンブランの機械式時計を支える名門機械式時計ブランドとして息づいています。

引用元-−-watch123 モンブラン MONTBLANC

m-watch1

ミネルバは1858年創業の伝統的なスイスの機械時計メーカーです。
少数の技術者が昔ながらの伝統的な工具を使用して丁寧な時計作りを行っています。
年間生産数は3000個足らず、日本に入荷する数も年間数百個です。
製品の数が大変少ないので日本での知名度は高いとは言えません。
しかし、一部の熱意ある時計愛好家やオークションに興味を持っている人などの間では、「昔ながらの伝統的な手法によって丁寧な製品作りを行うスイスの正統時計メーカー」として知られています。

時計メーカーには大きく分けて二つの種類があります。
ひとつは、扱っている時計のデザインや組み立てなどを行いムーブメント(時計内部の機械)は専門メーカーから購入して製品に仕上げるメーカー。
(スイス時計のほとんどのメーカーがこれに当てはまります)

そしてもうひとつは、ムーブメントまで完全に自社で生産するメーカー。
こういうメーカーのことをコンプリートメーカーといいますが、コンプリートメーカーといえるブランドはスイスでもほとんどありません。
(専門家によると10数社しかないと言われています)

そういった状況の中で、ミネルバは数少ないコンプリートメーカーのひとつです。

ミネルバは精度のよいタイマーなどの計測器機も作っており特にストップウォッチについてはコイルスプリングというユニークな特許を所有していて、その優秀性は他社の追随を許しません。

世界中の放送局や実験室、工場などで使用され絶大な支持を得ています。
ゼンマイ式でありながら、100分の1秒まで計測できるストップウォッチはギネスブックにも載ったほどです。
腕時計のムーブメントにおいてもチラネジテンプやスワンネック緩急機という今ではほとんど見られなくなった手間のかかる手法の製品を生産し続けており、ムーブメントにこだわる時計ファンを喜ばせています。

引用元-−-ウォッチユーザーズリサーチ

モンブラン ヘリテージ クロノメトリー コレクション -YouTube動画

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

コメント

タイトルとURLをコピーしました