タグ・ホイヤーTag Heuerを代表するコレクション カレラシリーズ

タグ・ホイヤーTag Heuer

タグ・ホイヤーTag Heuerカレラ Cal1887ができるまで -YouTube動画

タグ・ホイヤーTag Heuerカレラ

tag-hauer-carrera-calibre-1887-chronograph-watch-2

タグ・ホイヤーを代表するコレクションがカレラです。その歴史は古く、1964年にまで遡ります。モータースポーツシーンをイメージさせる作りは現在も変わりません。現在のタグ・ホイヤー カレラ タキメーター クロノグラフ CV2010.BA0794は、ダイアルと同色のカラーリングにインダイアルのリングをシルバーというスタイルで、レーシングマシンのメーターパネルを彷彿とさせるところが人気の秘訣といえるでしょう。41mmのケースサイズは程よいボリュームですが、フラットなタキメーターベゼルの意匠により、スマートな印象を与えてくれます。防水は100m、日付表示も装備され、実用面においても優れものといえるでしょう。豊富なバリエーションが用意されている点も嬉しい限りです。

引用元-−-メンズ ブランド腕時計専門店 通販サイト・ジャックロード

「タグ・ホイヤー」の歴史

1860年にエドワード(エドゥアル)・ホイヤー氏によって創設

スティーブマックイーンやアイルトン・セナなどモータースポーツとの繋がりも密接で数多くのレーサー達からも愛されている

1840年2月15日 – ビール近郊のブラグで[1]創業者のエドウアルト・ホイヤー(Edouar Heuer )が産まれた[2]。
1856年 – 創業者のエドウアルト・ホイヤーがサンティミエの時計メーカーLs.Kierneur&Filsに入社[3]。
1859年 – エドウアルト・ホイヤーがスザンナ・マグダレナ・シェルツと結婚した[4]。
1860年 – エドウアルト・ホイヤーによりスイスのサンティミエでエドウアルト・ホイヤー・ウォッチメーカーズ設立[5]。
1861年 – 創業者の長女ルイズ・ホイヤー(Louise Heuer )が産まれた[6]。
1869年 – ビールに移転した[7]。
1871年 – 創業者の長男シャルル・ホイヤー(Charles Heuer )が産まれた[8]。
1876年 – ロンドンに支社を設立した。
1878年 – ルイズ・ホイヤーが入社した[9]。時計メーカー向けの宝飾加工を行なっていたフリッツ・ラムベレが事業に参加し、ホイヤー・ラムベレ&カンパニー・ビエンヌ&ロンドンを設立[10]。
1882年 – クロノグラフで特許取得[11]。懐中時計のクロノグラフの製造を開始した[12]。ロンドン支店閉鎖[13]。
1885年 – フリッツ・ラムベレが独立し、エド・ホイヤーに商号変更した[14]。
1892年 – エドウアルト・ホイヤー死去[15]。
1896年 – シャルル・ホイヤーの長男シャルル・ホイヤーJr.が産まれた[16]。
1901年 – シャルル・ホイヤーの次男ウベール・B・ホイヤー(Hubert B. Heuer )が産まれた[17]。
1916年 – シャルル・ホイヤーJr.が入社。世界初の100分の1秒まで計測可能なストップウオッチ『マイクログラフ』を開発。
1920年 – アントワープオリンピックの公式計時を初めて担当。高級ブランドだったユール・ヤーゲンセンを購入した。
1923年 – シャルル・ホイヤーの次男ウベール・B・ホイヤーが入社[18]。シャルル・ホイヤー死去[19]。
1929年 – ホイヤーのロゴが作成された[20]。
1932年 – ジャック・W. ホイヤーが産まれた[21]。
1953年 – 日本で商標登録した[22]。
1964年 – クロノグラフの製造会社レオニダスと合併、正式な社名はホイヤー=レオニダスとなる[23]。
1967年 – 自動巻クロノグラフ、キャリバー11の開発を始めた[24]。
1969年 – 角型時計としては世界初の防水クロノグラフ『モナコ』、世界初の自動巻きクロノグラフ『クロノマチック』などを発表[25]。
1971年 – スクーデリア・フェラーリのF1公式計時を初めて担当、当時のドライバーはクレイ・レガツォーニとジョー・シフェール[26]。スティーブ・マックイーンが映画栄光のル・マン中で『モナコ』を着用し、オーバーオールにホイヤーのロゴをつけて出演した[27]。スイススキー連盟と契約を締結、スイススキーチームがホイヤーのクロノグラフを使用するようになった[28]。
1974年 – シャルル・ホイヤーJr.死去[29]。
1982年 – ピアジェの傘下に入る。4代目ジャック・W. ホイヤーが社長から退任し、創業者一族による経営は途絶えた。ジャック・W. ホイヤーはその後コンピューター関係の仕事に携わった。
1985年 – ピアジェの傘下から離れ、TAGグループからの資金援助を受けて『ホイヤー』から『タグ・ホイヤー』に社名を変更。
1999年 – LVMHの傘下に入る。
2001年 – CEOジャン・クリストフ・ババンの懇請で、ジャック・ホイヤーが名誉会長に就任。
2004年 – インディカー・シリーズの公式計時を初めて担当。
2013年 – ジャン・クリストフ・ババンがブルガリCEOに就任し、代わってステファン・リンダーがCEOに就任[30]。ジャック・ホイヤーが11月17日(81歳の誕生日の前日)を以て名誉会長を退任する予定[31]。

引用元-−-Wikipedia

2015年に発表したタグ・ホイヤーTag Heuer 「カレラ ホイヤー01」

main_670

同ブランドの創業者であるエドワード・ホイヤーの名を冠した新作「カレラ ホイヤー01」は、新型クロノグラフキャリバーを搭載。スケルトンダイアルを採用することで文字盤側からも内部機構を楽しむことができる。ケースは、軽量で衝撃に強いチタンを使用しているが、これまでのタグ・ホイヤーのように単一部品によるケースではなく、12の異なるパーツから構成されている。そのため、素材、色、加工、仕上げにおいて、多彩な組み合わせを実現できることから、この先のコレクションの展開にも期待だ。ブラックのラバーストラップは、パンチング加工が施されており、スポーティさと上品さを兼ね備える。また、100%マニュファクチュール製のクロノグラフでありながら、価格は5000スイスフラン以下で展開されるというから驚きである。

引用元-−-高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

タグ・ホイヤーのチャリティーイベントに錦織圭らが参加

81616

フランス・パリで行われたタグ・ホイヤーのチャリティイベントに、錦織圭、マリア・シャラポワ、マイケル・チャンのテニス界を代表する3人が登場した。

5月18日にローラン・ギャロスにて行われる全仏オープンまで数日となったこの日、入院中の子どもたちを支える活動を行う「Theodora Association」をサポートするため、シャンゼリゼにあるタグ・ホイヤーのブティック前に錦織とシャラポワが登場。ユニークなテニスゲームを行った。審判員を務めたのは、錦織のコーチを務めるマイケル・チャンだ。

テニスゲームは、錦織とシャラポワがそれぞれブティックのウィンドーへ向けてボールを打って、チャリティーイベントに貢献。イベントのフィナーレではタグ・ホイヤーフランスのディレクター、マシュー・シェルザー氏がTheodora Associationへ1万ユーロの小切手を贈呈した。

引用元-−-やわらかスポーツテック CYCLE

タグ・ホイヤー2015「 プレッシャーに負けるな」-YouTube動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました