いつかは欲しい世界3大高級腕時計動画まとめてみた

時計の豆知識

パテック フィリップPatek Philippe Birth of a Legend

言わずと知れた王者パテック・フィリップPatek Philippe

世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られている

そんな高価な腕時計が作られるまでの工程が分かる公式動画です

パテック・フィリップ公式ホームページはこちらから

ヴァシュロン・コンスタンタンVacheron Constantin Traditionnelle World Time

パテック・フィリップと並んで称されるヴァシュロン・コンスタンタンVacheron Constantin

パテックより歴史は古く継続的に時計を製造してきたメーカーとしては世界最古と言われています

そんなヴァシュロン・コンスタンタンの傑作品トラディショナルワールドタイムの海外での公式動画です

時計の針が世界旅行をしているかのような美しい映像となっています

ヴァシュロン・コンスタンタン公式ホームページはこちらから

オーデマ・ピゲAudemars Piguet From the Origins to Today

パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並び世界三大高級時計メーカーの一つであるオーデマ・ピゲAudemars Piguet

1875年に創業されて以来一度も創業家族の手を離れたことのない歴史の長い時計ブランドです

創業から現在まで受け継がれているオーデマ・ピゲの技術を表現しているかのような公式動画です

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

オーデマ・ピゲ公式ホームページはこちらから

世界三大ブランド

3大腕時計と言うと賛否両論ありますが今回はパテック・フィリップとヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲの動画を選ばせて戴きました。

ジュネーブでも名門中の名門である王者パテック・フィリップがセレブが持つ時計としてはまさにNo.1とされています。創業以来160年間創始者の一族の手を離れることなく、そして一度として途絶えることなくマスターピースを作り続け、ジュネーブシールを無条件で刻印する事を許された唯一の時計ブランドです。それに負けるとも劣らないヴァシュロン・コンスタンチン(コンスタンチン)が追随する形となって世界2大時計ブランドと言われています。かたやヴァシュロン・コンスタンチン(コンスタンタン)は、250年もの歴史を持つ最古級のブランド。

そして、世界3大ブランドは、賛否両論であり、世界2大ブランドにオーデマ・ピゲを加えたものが一般的です。しかしながら、世界最古のブランドであるブランパンを入れるべきだという声や、時計技術を200年進めたといわれるブレゲを入れるべきだという声、ランゲ・アンド・ゾーネを入れるべきだという声があり、様々です。当然の事ながら5大ブランドはすべてマニファクチュールです。

引用元-−-時計ブランド辞典

番外編 2009年にヴァシュロン・コンスタンタンが日本とコラボムービーを

ヴァシュロン・コンスタンタンは自社の時計づくりを「日本文化と相通ずるもの」として捉えていて、2009年に東京の八芳園にてイベント「VACHERON CONSTANTIN×JAPAN ARTー時を経て受け継がれる歴史と卓越した伝統」が開催されました

そのイベント時に作られた「Lost in Time」Vacheron Constantin ムービーです

桐島ローランドと別所哲也がヴァシュロン・コンスタンタンと
コラボレートしたムービーを紹介!

ヴァシュロン・コンスタンタンは、254年という歴史を誇る老舗の時計ブランド。クラシカルなドレスウォッチをはじめ、そのエレガントで精緻な時計製作には根強いファンをもつ。2008年には最先端の技術を投入し、“時計のカスタマイズ”という新しい発想から生まれた「ケドリル」を発表。今年は定番ライン「パトリモニー」に新ムーブメントを搭載し、より充実したラインナップを見せてくれたのも記憶に新しい。

そんなヴァシュロン・コンスタンタンは自社の時計づくりを、“日本文化と相通ずるもの”として捉えてきた。先の11月4日に東京の八芳園にてイベント「VACHERON CONSTANTIN×JAPAN ARTー時を経て受け継がれる歴史と卓越した伝統」を開催。自社の時計づくりに日本の伝統文化をなぞらえたこのイベントで、伝統を大切に保ちながらもやむことなく進化をつづけるという、同社ならではの姿勢をわれわれに伝えてくれた。

引用元-−-Web Magazine OPENERS

コメント

タイトルとURLをコピーしました