時計に関する豆知識や修理、オーバーホールについてのブログです。

時計あるあるブログ

レディース腕時計は20代からいいものを…

   

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?

どんな腕時計を選べばいい?

レディースファッションで後回しに

しがちな腕時計について、

あらためて考えてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

オメガ・スピードマスター(自動巻き・手巻き)のメンテナンス

様々な国産メーカーからより安価で、電波受信することで10万年...

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?どんな腕時計を選べばいい?レデ...

個性的な木製腕時計WEWOODやTENSEの魅力

じわじわと人気を集めるウッドウォッチ。最近では完全防水の木製...

ドイツ時計ヴェンペWEMPEツァイトマイスターの魅力

最近専門誌などで注目を集めているドイツブランドのWEMPEヴ...

モーリス・ラクロア ダイバーズウォッチの魅力

モーリス・ラクロア ポントスSダイバーは、ダイバーズウォッチ...

手に入れたい腕時計の一つ、アンティークウォッチ 持つために注意することは?

アンティークならではの形とデザインの腕時計は、時計好きな方な...

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える 印象も大...

腕時計の文字盤の色を使い分ける黒や白い文字盤について

フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、 腕...

腕時計の文字盤が大きいのは注目の的!大きめ文字盤の時計たち

女性でもメンズサイズの文字盤が大きい腕時計を利用している方も...

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは...

ラルフローレン腕時計サファリRL67クロノメーターの上質な味わい

ラルフローレンは、アフリカの草原を旅するサファリに長年 魅...

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つスイスの老舗ブラン...

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ...

バレンタインには腕時計を!カモフラ柄で攻めてみる

個性溢れるカモフラ柄の腕時計は、自衛隊や、軍隊などのミリタリ...

オーデマピゲAPの代表的なモデル「ロイヤル・オークRoyal Oak」

40年前に誕生したオーデマピゲ不朽のアイコンであるロイヤルオ...

海外でも人気が高まるブルーの文字盤

最近ブルーの文字盤の腕時計の人気が高まっています。主張するブ...

最高級ブランドヴェルサーチ でも時計としての評価は?

イタリアが生んだ鬼才、ジャンニ・ヴェルサーチが自らの名を冠し...

若者の魅力を引き出すフォッシルFOSSIL腕時計 メンズも人気

1984年にアメリカでスタートしたカジュアルウォッチブランド...

スイス老舗ブランド、レビュートーメンRevue Thommenのエアスピード

エアスピードは、レビュートーメンの独創的な時計造りのノウハウ...

メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

2014年に誕生したウォッチブランド ノットKnot。新たな...

スポンサーリンク

なぜ20代で購入した方がいい?

レディースファッションは毎年流行があり、洋服はシーズン毎に購入するのが当たり前。

比較的高額のバッグ、靴もシーズン毎に流行りのデザインが変わるため、買い替えが必要です。

でも時計は? 周りのおしゃれな女性を見ても、頻繁に買い替えてる様子はありません。

それどころか、おしゃれな人こそ、その人の雰囲気にあった腕時計を何年も身につけています。

コスパを考えてみても、若いうちに購入したほうが、長い年月使用でき、お得です。

また高級腕時計は歳を重ねてからと考えがちですが、自分のためだけにお金を使えるのは20代が多いそう。

確かに30代以降は、結婚したら、マイホームや教育費がかかり、結婚しなくても老後資金に、親の介護費用など、将来のための貯蓄を考えなければならず、なかなか自分の楽しみだけに、お金をかけられなくなってきます。

今のうちに、一生大切に使うと自分に言い聞かせ、自分に合う、いい時計を購入することを考えてみてもいいかもしれません。

どうやって選ぶ?

  • ムーブメントを選ぶ

ムーブメントは「クオーツ式」と「機械式」があります。

クオーツ時計とは電池を動力として動く時計です。

メリットは、何もしなくても時計が動くこと。

デメリットは電池が切れると、電池交換をしなければいけないことです。

電池交換は専門家に頼みましょう。

機械式時計は電池を使用せず、ゼンマイを巻いて針を動かす時計のこと。

その中でも、自動巻きと手動巻きの2種類あります。

自動巻きは腕にはめている時の振動で、時計内のローターが動き、その力でゼンマイが巻き上げられます。

手動巻きは、文字通り、自分でゼンマイを巻く時計のことです。

メリットは電池交換が不要でエコということ。

デメリットは身につけたり、巻かないと針が止まってしまうことです。

数日に1度の使用の場合は、正しい時間が表示できなくなる恐れがあります。

その他の選択肢として、デジタル式もあります。

フォーマルな場面でも、場合によっては、カジュアルなデジタル腕時計もはずしアイテムとして、活躍してくれるかもしれません。

  • デザイン

デザインも重要です。文字盤の大きさやベルトの素材、色味などで雰囲気は全く異なります。

文字盤が大きいと、少しメンズライクな印象になります。

逆に文字盤が小さいと全体的に華奢な印象になります。

ベルトの素材本革製、金属製などあります。

革製はフィット感が良く、馴染みやすいですが、お手入れが必要です。

金属製はお手入れが楽で、気軽に使用できますが、細い腕の方には重く、ゴツい印象を与える場合もあります。

また金属アレルギーにも注意が必要です。

また色味については、ネックレスやピアス、指輪などのアクセサリーが、ゴールド系が多いのか、プラチナ系が多いのかにより、合う色味が変わってきます。

お店のスタッフに相談してみましょう。

使うシーンを考えよう

時計選ぶ際、考えてほしいのが使うシーンです。

主に仕事で使うのか、休日のみか、また両方か。

仕事の場合は、どんな人に会い、どんな印象を与えるかも考えてください。

高級過ぎる腕時計は、相手を不愉快な気持ちにさせるかもしれません。

逆にカジュアル過ぎると失礼にあたるかもしれません。

休日に使用する場合、スポーツなどアクティブに活動する方は、防水機能があったほうがいいかもしれません。

自分のライフスタイルにあった腕時計を探してみましょう。

どこで買う?

最近はオンラインショッピングが手軽で、普及もしていますが、ぜひ実店舗に見に行ってみましょう。

デパートや専門店、色々ありますが、腕時計は知識豊富なスタッフが販売員をしていることがほとんど。

時計の世界は奥深く、販売にも深い知識が必要とされます。

きちんと教育を受けているお店は、大概アフターサービスもしっかりしています。

信頼できるスタッフがいるお店で購入しましょう。

ハイブランドに憧れがあっても、手が出ないと諦めないで。

ハイブランドのアンティーク腕時計を扱っているお店もあります。

状態などを詳しく聞き、納得できたら、きっと素敵な買い物ができるでしょう。

予算は?

数千円から数百万円まで、幅広いのが腕時計の特徴。

20代で購入するなら、数万円から数十万までが一般的でしょう。

予算に無理のない範囲で検討しましょう。

憧れの時計のために、仕事も頑張れるかも⁈

まとめ

スマホをいつでもどこでも携帯しているため、最近腕時計をしない人が増えています。

でも華奢な腕に、さらりとはめた腕時計を見る仕草。素敵だと思いませんか。

いい腕時計を買うなら20代がチャンスです。

一生ものとして選ぶのは、勇気がいるかもしれません。

まだ自分には早い、身分不相応と思ってしまうかもしれません。

でもきっと10年後、20年後のあなたは、20代にその時計を選んだことに感謝するはず。

いい靴がいいところへ連れて行ってくれると言われているように、いい時計はいい時を刻んでくれることを願っています。

 - 時計の豆知識, 腕時計アラカルト

ページ
上部へ