ご夫婦でペアウオッチをお考えならロンジンLONGINESを

ロンジンLONGINES

ペアウオッチに最適な ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン

20150511105024 (1)

男性にも女性にも合わせられるデザインでかつ高級感もあり、贈り物など記念品にもよく使われている

とてもエレガンスなLONGINES ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン -YouTube動画

創業は1832年 ロンジンLONGINESの歴史

itemimg (5)

博物学者ルイ・アガシの弟であるオーギュスト・アガシにより「アガシ商会Agassiz&compagni」の商号を掲げて1832年に設立

1850年代になると彼の甥であるアーネスト・フランシロンが経営を引き継ぎ、時計製造の聖地でもあるスイスのサンティミエに拠点を移します

そして彼は、1867年に通称「Es Longines(細長い野原)」と呼ばれる土地にロンジンの自社工場を開設し、その工場で同年に初のムーブメント”キャリバー20A”が製造された

1889年にロンジンの有名なロゴとなる翼に砂時計マークがスイス特許局に登録される

1832年 – オーギュスト・アガシによりアガシ商会が設立される。
1867年 – オーギュスト・アガシの甥であり後継者であったエルネスト・フランシヨン(Ernest Francillon)がスイスのシュズ河畔ロンジンに工場を作った。
1889年 – ロゴ「有翼の砂時計」をスイス特許局に登録した。
1896年 – 近代オリンピック第1回となるアテネ大会にストップウォッチを提供した。
1933年 – フォーミュラ1になる前のブラジルグランプリの計時を担当した。
1947年 – フライバッククロノグラフキャリバー30CH開発。
1972年 – ユンハンスとともにミュンヘンオリンピックの公式計時を担当した。オメガと共同で計時専門会社スイス・タイミング[4]を設立。

引用元-−-Wikipedia

ロンジンLONGINESのコレクションと歴史 -YouTube動画

スポーツ界にもロンジンLONGINESが

1912年のスイス国体を始め、様々なスポーツのタイムキーパーとして活躍しています

ロンジン[編集]
1912年、スイスのロンジンはバーゼルで開催されたスイス国体で公式時計(公式計時)として採用された。また、80メートル競走で世界初の自動記録計測機を使用した。これはスタートとゴールのテープにスイッチを連動させる方式だった[10]。1926年にはジュネーヴで開催された国際馬術競技会で公式計時を務めた[11]。

引用元-−-Wikipedia

ロンジンが公式計時を行っている大会
国際体操連盟
世界アーチェリー連盟
国際スキー連盟
全仏オープン
フランスギャロ
ドバイミーティング
香港国際競走
ジャパンカップ(2014年)[5]

引用元-−-Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました