時計に関する豆知識や修理、オーバーホールについてのブログです。

時計あるあるブログ

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

      2016/05/17

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える

印象も大きくなります。

社会人であればスーツを着ることも多いでしょうし、

冠婚葬祭などの時にもカラフルな腕時計はつけないので、

1本白文字盤の腕時計を持っていると安心かもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

オメガ・スピードマスター(自動巻き・手巻き)のメンテナンス

様々な国産メーカーからより安価で、電波受信することで10万年...

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?どんな腕時計を選べばいい?レデ...

個性的な木製腕時計WEWOODやTENSEの魅力

じわじわと人気を集めるウッドウォッチ。最近では完全防水の木製...

ドイツ時計ヴェンペWEMPEツァイトマイスターの魅力

最近専門誌などで注目を集めているドイツブランドのWEMPEヴ...

モーリス・ラクロア ダイバーズウォッチの魅力

モーリス・ラクロア ポントスSダイバーは、ダイバーズウォッチ...

手に入れたい腕時計の一つ、アンティークウォッチ 持つために注意することは?

アンティークならではの形とデザインの腕時計は、時計好きな方な...

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える 印象も大...

腕時計の文字盤の色を使い分ける黒や白い文字盤について

フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、 腕...

腕時計の文字盤が大きいのは注目の的!大きめ文字盤の時計たち

女性でもメンズサイズの文字盤が大きい腕時計を利用している方も...

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは...

ラルフローレン腕時計サファリRL67クロノメーターの上質な味わい

ラルフローレンは、アフリカの草原を旅するサファリに長年 魅...

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つスイスの老舗ブラン...

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ...

バレンタインには腕時計を!カモフラ柄で攻めてみる

個性溢れるカモフラ柄の腕時計は、自衛隊や、軍隊などのミリタリ...

オーデマピゲAPの代表的なモデル「ロイヤル・オークRoyal Oak」

40年前に誕生したオーデマピゲ不朽のアイコンであるロイヤルオ...

海外でも人気が高まるブルーの文字盤

最近ブルーの文字盤の腕時計の人気が高まっています。主張するブ...

最高級ブランドヴェルサーチ でも時計としての評価は?

イタリアが生んだ鬼才、ジャンニ・ヴェルサーチが自らの名を冠し...

若者の魅力を引き出すフォッシルFOSSIL腕時計 メンズも人気

1984年にアメリカでスタートしたカジュアルウォッチブランド...

スイス老舗ブランド、レビュートーメンRevue Thommenのエアスピード

エアスピードは、レビュートーメンの独創的な時計造りのノウハウ...

メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

2014年に誕生したウォッチブランド ノットKnot。新たな...

スポンサーリンク

腕時計の文字盤の色が白だと清潔感を与える

一般的に、白い文字盤は色黒の方に似合うとも言われていますが、それ以外の方にもやはり好印象を与える白はおすすめです。白いワイシャツとの色合いの相性もいいですし、なによりシンプルな白い文字盤の時計は、相手に清潔感と誠実な印象を与えます。

自分にとっても「白地に黒の文字」というのは慣れ親しんだ色合いで、ぱっと見ただけで時間が認識しやすくなるという利点もありますね。

また、結婚式や葬儀などのフォーマルな場では、出来るだけ白の文字盤の時計を着用するようにするのが一般的なマナーのようなので、そういった意味でも、最初に持つ時計の文字盤は白が良いと言えるのではないでしょうか。

引用元-スーツスタイルに合う、メンズ時計の文字盤の色選びのポイント

冠婚葬祭には白の文字盤の腕時計を

冠婚葬祭では「黒のレザーベルト・白の文字盤・秒針のある3針タイプ」の腕時計がベストです。

とはいえ、今の日本ではそこまで気にする必要はないように思えます。シンプルで上品なデザインであれば、特に問題はないでしょう。

「これから冠婚葬祭用の腕時計を買うのであれば、参考程度に・・」というくらいの認識でOKです。

が、お葬式やお通夜の席では、ゴールドなど派手、もしくは光沢のある腕時計は避けるようにしましょう。

「お葬式の行きと帰りは腕時計を身に着け、葬儀の途中ではカバンの中にしまう」という方法もあります。
「いっそのこと、お葬式やお通夜の席では腕時計を身に着けない」という選択肢もあります。

引用元-腕時計選び よくある質問まとめ-おしゃれになる方法

本来の冠婚葬祭時のマナーは腕時計はなし

社会人となると、お葬式や結婚式など、年をとるごとにフォーマルな場への出席機会が増えてくる。
しかしとかくドレスコードはめんどうなモノ。
特に悩むのが腕時計だ。
マナー本やサイトによると、あれはだめこれもだめと、ところにより言うことが違うのもわずらわしい。

とにかく、じゃあどんな腕時計ならいいのだろう?
実は本当のフォーマルでは明らかに決まっている。
時計はなし、せいぜい懐中時計だけというのが正解。

でもそれは欧米の貴族階級や富裕層のおはなし。
それも使用人が荷物を持ってくれるようなご身分の人たちが集まる、それもはっきりとしたドレスコードがあるような場のおはなし。
当然のことながら日本にはなじまない習慣だ。

引用元-冠婚葬祭の腕時計はこれを選べば安心

ビジネスでも活躍する白の文字盤腕時計

 ビジネスマンのする腕時計の中でまず注目したいのが、文字盤がデジタルかアナログかという部分です。マナーとしては、文字盤がアナログのものをしている方がいいでしょう。マナーという意味以外でも残り時間を把握するのに向いているため、ビジネスマン向きの腕時計はアナログのものと言えるのではないでしょうか。
腕時計の文字盤の色のビジネスマナー

選んではいけない腕時計の文字盤の色

 ビジネスマンがする腕時計の文字盤で、NGの色は、カラフルなものや、派手なものです。例えば、ゴールドの文字盤の腕時計は、相手に威圧感を与えるだけでなく、ビジネスにそぐわないアイテムとして、相手に不快感を与えてしまいますのでやめましょう。
マナーとして選びたい文字盤の色

 ビジネスマンの腕時計の文字盤では、白や黒などのモノトーンな色使いのものがマナーに適しているので、選ぶといいでしょう。白にするのか、黒にするのかは、スーツの色や、靴やベルトの色に合わせるといいのではないでしょうか。

引用元-ビジネスマンが身に付ける腕時計の文字盤の色のマナー| U-NOTE【ユーノート】

ビジネスでの腕時計の選び方について

ビジネス腕時計は見やすさを重視

ビジネスシーンで使用する腕時計の選び方としては、ファッション性より機能性が充実したものを選ぶのがオススメ。時間を見るのに苦労するような腕時計は、ビジネスではなくプライベート用に用意するようにしましょう。なによりも見やすさをまずは第一に置くようにするのもオススメです。一瞬、腕時計をみただけで時間を把握できるようにしましょう。

時間の正確さも選び方として重要な要素

仕事用の腕時計の選び方としては時間の正確さも外せない要素です。社会人としての仕事は、学生のバイトとは責任の大きさが異なります。重要なアポイントに遅刻してしまうと、あなたのみならず会社の信用まで失ってしまうからです。
時間に正確に行動するためには、正確な時を刻んでくれる腕時計の選び方をする必要があります。時刻を電波で自動調整してくれるモデルを選べば、手間なく何時でも正確な時間を知る事が可能です。

選び方として適度な高級感も外せない

腕時計はいろいろな人の目に触れるアイテムです。パッと見できちんとした腕時計をしていれば、身なりに気をつけているアピールにもなります。あまりにカジュアルな選び方をするのではなく、適度な高級感をもったフォーマルな腕時計にしましょう。 高級感があったとしても、アウトドア仕様のものや、ビジューがたくさんついたものは、ビジネスシーンには相応しくないので注意が必要です。

「黒革で白文字盤の三針時計」がフォーマルの基本

フォーマルな場では、腕時計は「黒革で白文字盤の三針時計」が基本です。ドレスコードでも同様の事が言える、基本的なビジネスマナーとも言えるものです。冠婚葬祭の中でも、特に結婚式、弔事の場では、腕時計ひとつで大きく印象が変わるもの。腕時計の選び方がその場に相応しくないというだけで、常識のない人という印象を与えてしまいかねません。
日本では欧米と比べ、ドレスコードに対して厳しくない傾向にありますので、気にする人が周りにいない環境にいると「そんなにこだわらなくても大丈夫かな……」と考えがちですが、やはり気にする人は気にします。ビジネスシーンでも腕時計は必須アイテムですが、それはフォーマルな場でも同じことが言えるのです。

引用元-社会人の必須アイテム!ビジネスフォーマル腕時計の選び方 | ビジネスマナーのことならキャリアパーク

 - 時計の豆知識, 腕時計アラカルト

ページ
上部へ