時計に関する豆知識や修理、オーバーホールについてのブログです。

時計あるあるブログ

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

      2016/11/26

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは、

バウハウスに影響を受けた幾何学的なデザインや多彩な色使いが特徴です。

全て限定モデルで、年間に2000本しか生産しません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

オメガ・スピードマスター(自動巻き・手巻き)のメンテナンス

様々な国産メーカーからより安価で、電波受信することで10万年...

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?どんな腕時計を選べばいい?レデ...

個性的な木製腕時計WEWOODやTENSEの魅力

じわじわと人気を集めるウッドウォッチ。最近では完全防水の木製...

ドイツ時計ヴェンペWEMPEツァイトマイスターの魅力

最近専門誌などで注目を集めているドイツブランドのWEMPEヴ...

モーリス・ラクロア ダイバーズウォッチの魅力

モーリス・ラクロア ポントスSダイバーは、ダイバーズウォッチ...

手に入れたい腕時計の一つ、アンティークウォッチ 持つために注意することは?

アンティークならではの形とデザインの腕時計は、時計好きな方な...

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える 印象も大...

腕時計の文字盤の色を使い分ける黒や白い文字盤について

フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、 腕...

腕時計の文字盤が大きいのは注目の的!大きめ文字盤の時計たち

女性でもメンズサイズの文字盤が大きい腕時計を利用している方も...

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは...

ラルフローレン腕時計サファリRL67クロノメーターの上質な味わい

ラルフローレンは、アフリカの草原を旅するサファリに長年 魅...

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つスイスの老舗ブラン...

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ...

バレンタインには腕時計を!カモフラ柄で攻めてみる

個性溢れるカモフラ柄の腕時計は、自衛隊や、軍隊などのミリタリ...

オーデマピゲAPの代表的なモデル「ロイヤル・オークRoyal Oak」

40年前に誕生したオーデマピゲ不朽のアイコンであるロイヤルオ...

海外でも人気が高まるブルーの文字盤

最近ブルーの文字盤の腕時計の人気が高まっています。主張するブ...

最高級ブランドヴェルサーチ でも時計としての評価は?

イタリアが生んだ鬼才、ジャンニ・ヴェルサーチが自らの名を冠し...

若者の魅力を引き出すフォッシルFOSSIL腕時計 メンズも人気

1984年にアメリカでスタートしたカジュアルウォッチブランド...

スイス老舗ブランド、レビュートーメンRevue Thommenのエアスピード

エアスピードは、レビュートーメンの独創的な時計造りのノウハウ...

メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

2014年に誕生したウォッチブランド ノットKnot。新たな...

スポンサーリンク

アラン・シルベスタインの時計について

建築家・インテリアデザイナーとしてフランス パリで活躍していたアラン・シルベスタインは、自身が使用していたクロノグラフが壊れたのをきっかけに高級時計の分野に進出。1987年には、地元フランス ブサンソンにオリジナルブランド「アラン・シルベスタイン」を創立し、世界最大級の時計展バーゼルワールドで3本の時計を発表した。
アラン・シルベスタインの特徴としては、バウハウスの基本理念「デザインに機能は従う」という考え方をもつ。大振りな時計や、「○」と「△」と「□」といった奇抜な形のリューズとプッシャーを採用しているが、使い勝手にもしっかりと配慮されている。こうした独自性にプラスして、従来ならば高級時計にはそぐわないとされていた「赤」、「青」、「黄」を上手に取り入れるなど、アート性に富んだデザインの時計を創りだす。
更に、小窓から覗く日付を7種類の顔の表情で表現する「スマイルデイ」や、ステンレススチールのケースにラッカーで迷彩柄の塗装を施したり、時計のケースを丸ごとアリゲーター革で包んでみたりと、類いまれなアイディアを確実に具現化してしまうところが、伝統的な腕時計の常識に捉われないアラン・シルベスタインの真骨頂といえる。

引用元-腕時計 AlainSilberstein(アランシルベスタイン)|ジコードウ

ポップデザイン腕時計アラン・シルベスタイン

アラン・シルベスタインの腕時計は、現在ポップデザインの先駆けのようなおしゃれな腕時計デザインです。その感性を一度味わうと遊びの腕時計としては一流なのです。ぜひ一度時計を付けて、出かけていくべきです。アラン・シルベスタインのデザインのとりこになると他の時計は、魅力を感じさせないのです。その特徴は、悪阻部感覚のデザインだけでなく、個性を感じさせてもくれます。ですからTPOでのコーディネイトも楽しく演出してくれます。
ポップアーテイストの好きな方は、その魅力と感性の光り輝きが理解できます。ですから何処にいても何処から見てもその時計のとりこになる事は間違いないのです。何処から見ても腕時計されど腕時計ですが、その重要性は欠かせないものです。世界に一つだけの自分らしさを探すときには、このデザイナーブランドは、必要です。今後も長く愛着を考えるならば何処にもない、ポップデザインの時の友を探し出せる事は間違いないのです。一度それに挑戦してください。

引用元-アラン・シルベスタイン – 腕時計ブランド.net

アランシルベスタインのクロックやミュージックボックス

アランシルベスタインは腕時計以外にクロック(重錘式の掛け時計、ポール式のホールクロック、LE’PEE社のキャリッジクロックをベースにした置時計)、ミュージックボックスを製作しました。これらの作品に共通しているのは、歴史的伝統的技術によるメカニズムにアランシルベスタインのセンスが入ることでモダンでアーティステックな特別な作品となっていることです。今ではどれもコレクターズアイテムとなっています。製造個数が、腕時計と比べて圧倒的に少ないのでなかなか実物を目にする機会が少ないかと思います。

引用元-アランシルベスタイン | 中慶時計店のブログ

アランシルベスタイン シンギングバード BIB21 -YouTube動画

アランシルベスタインのこだわりと独創性

昔から、時計をARTの素材(キャンバス)として用いる試みはけっこうありました。

カルティエのクラッシュウオッチ、モバードのミュージアムウオッチ、モバードのアンディウオーホルデザインの時計。

最近ではスウオッチが有名ですね。

アランシルベスタインの場合は、ムーブメントそのものまでデザインしてしまうところが、前述の時計達と違うところだと思います。

時計の実用的な部分、機能的な部分まで含めて、ARTにしている、しかも継続的に製作している高級時計は、アランシルベスタインだけではないでしょうか。

まあ、おもちゃといえばおもちゃなのですが、芸術的かつ趣味性の高いおもちゃといえるでしょう。

アランシルベスタインは、いろいろなところで自分の時計について語っています。

以下に、いくつか抜粋してみます。

「ポップという言葉は嫌いだ。ポップという言葉には、なんの意味もない」

「私の腕時計は、ブレゲがつくったポケットウオッチのように時間がわかりやすものであることを第一に考えています」

「たとえば赤い短針の時計では、最初に赤が目に入りますから、時計を見た瞬間に10時台なのか、2時台なのかということがすぐにわかります。分針を青にしたり秒針を独特の形にしているのも、時計を見てなにを知りたいかという重要度を考えているからです。たいていのひとは、時間、分、秒の順に時計を見るでしょうから」

「時計の機能を忘れさせるということも、腕時計には必要と思います」

「なぜムーブメントばかり気にするのでしょう。腕時計にはデザインや機能にそれぞれ特徴があるし、私は芸術的な要素も加えています。スポーツカーにしても、エンジンばかりが優秀でも、ボディデザインが良くなければ速く走れません」

・・・・以上のような、アランシルベスタインの考えを知ると、アランシルベスタインの時計への評価が変わるひともいるかもしれませんね。

引用元-アランシルベスタイン 

Alain Silberstein Tourbillon D’Art -YouTube動画

 - アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN, 海外ブランド

ページ
上部へ