時計に関する豆知識や修理、オーバーホールについてのブログです。

時計あるあるブログ

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

      2016/03/13

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つ

スイスの老舗ブランドbaume&mercier。

クラシマなどの人気モデルにも、

『大切な人と心地よい時間を共に過ごす』という

永遠に変わらない価値観が宿ります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

オメガ・スピードマスター(自動巻き・手巻き)のメンテナンス

様々な国産メーカーからより安価で、電波受信することで10万年...

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?どんな腕時計を選べばいい?レデ...

個性的な木製腕時計WEWOODやTENSEの魅力

じわじわと人気を集めるウッドウォッチ。最近では完全防水の木製...

ドイツ時計ヴェンペWEMPEツァイトマイスターの魅力

最近専門誌などで注目を集めているドイツブランドのWEMPEヴ...

モーリス・ラクロア ダイバーズウォッチの魅力

モーリス・ラクロア ポントスSダイバーは、ダイバーズウォッチ...

手に入れたい腕時計の一つ、アンティークウォッチ 持つために注意することは?

アンティークならではの形とデザインの腕時計は、時計好きな方な...

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える 印象も大...

腕時計の文字盤の色を使い分ける黒や白い文字盤について

フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、 腕...

腕時計の文字盤が大きいのは注目の的!大きめ文字盤の時計たち

女性でもメンズサイズの文字盤が大きい腕時計を利用している方も...

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは...

ラルフローレン腕時計サファリRL67クロノメーターの上質な味わい

ラルフローレンは、アフリカの草原を旅するサファリに長年 魅...

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つスイスの老舗ブラン...

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ...

バレンタインには腕時計を!カモフラ柄で攻めてみる

個性溢れるカモフラ柄の腕時計は、自衛隊や、軍隊などのミリタリ...

オーデマピゲAPの代表的なモデル「ロイヤル・オークRoyal Oak」

40年前に誕生したオーデマピゲ不朽のアイコンであるロイヤルオ...

海外でも人気が高まるブルーの文字盤

最近ブルーの文字盤の腕時計の人気が高まっています。主張するブ...

最高級ブランドヴェルサーチ でも時計としての評価は?

イタリアが生んだ鬼才、ジャンニ・ヴェルサーチが自らの名を冠し...

若者の魅力を引き出すフォッシルFOSSIL腕時計 メンズも人気

1984年にアメリカでスタートしたカジュアルウォッチブランド...

スイス老舗ブランド、レビュートーメンRevue Thommenのエアスピード

エアスピードは、レビュートーメンの独創的な時計造りのノウハウ...

メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

2014年に誕生したウォッチブランド ノットKnot。新たな...

スポンサーリンク

baume&mercierの歴史について

「何も見のがさない。最も優れた品質の時計だけを作る」という指針のもと、高品質な時計を作り続けているボーム&メルシエ。始まりは1830年、ボーム家のルイ=ヴィクトールとピエール=ジョセフ・セレスタン兄弟が、ファミリーネームを冠した計器の会社を設立したことから。16世紀半ばからスイス・ジュウ渓谷でエタブリサージュ(時計の下請製造の家内作業)を職業としていた歴史を持つボーム家の知識と技術の継承に支えられ、兄弟の会社は優秀な時計づくりでその力を伸ばした。そして早くも1847年には、当時ヨーロッパ屈指の大都市となっていたロンドンに進出、1851年には「ボーム・ブラザーズ」社を設立する。  
 1885年にはロンドン・キュー天文台主催のクロノメーターコンクールで幾つかの賞を獲得、そして1892年にはトゥールビヨン搭載のクロノメーターが100点満点中、91.9点という最高得点をとり、ボーム兄弟社の時計の品質の高さが証明されることとなった。
  そして時代は20世紀に入り、創業者の孫である時計師ウィリアム・ボームと、エレベーターボーイから身を起こし成功した実業家、ポール・メルシエが出会って出来たのが、1920年8月27日設立の「ボーム&メルシエ・ジュネーブ」だ。そして「ボーム&メルシエ・ジュネーブ」は、ブランド登録から1年足らずでジュネーブの高級時計委員会から「ジュネーブ刻印」を受け、その名声は国外にまで広まったのである。  
  第2次世界大戦後も「マルキーズ」のようなレディースウォッチから、ハイスペックなコンプリケーションまで幅広く手掛け、1964年には<完璧な美>のシンボルとなるギリシャ文字「Φ(ファイ)」をボーム&メルシエの商標として登録、以降全てのプロダクトにこのマークが入れられることになった。  1971年にはエレクトロニクスウォッチの製造に着手し、1973年には現在のボーム&メルシエのノウハウとスタイルを象徴する「リビエラ」シリーズ、1987年には「Lin?a」、1994年には「Hampton」など、次々と新しいスタイルを確立させて行ったボーム&メルシエ。近年では2004年の「Vice-Versa」や2006年の「Business Class」と、時計愛好家を魅了するモデルを精力的に発表し続けた。  

引用元-ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)ブランド・腕時計の情報ページ|Gressive

baume&mercierの魅力

ボーム&メルシエの魅力は、手放すときの買取価格や自社ムーブメントを搭載しているところにあるのではなく、クラシカルでスタンダードなデザインであるところに魅力があります。ただ、だからと言って、スペックが落ちるわけではなく、ブルースチールの針やローマンインデックスなど古き良き時代のエッセンスをたくさん持ち、ムーブメントも信頼のあるメーカーのものを使用することによって、安価でありながら、コダワリの腕時計の魅力が堪能できるブランドなのです。そして、最近ではハイブランドを模倣したデザインのブランドが数多くありますが、それらとは異なり、ボーム&メルシエのデザインは創業から185年という長い歴史の中で培われた伝統に基づく本物で、模倣ではないのです。事実、ボーム&メルシエはスイス時計産業を黎明期から支えたブランドの一つなのです。また、ボーム&メルシエの製造スタイルは、スイスの伝統的な時計製造が得意分野に分かれる分業制であったときの良い見本であったとも言えるのではないでしょうか。一度も歴史を途絶えさせたことがない伝統に裏打ちされたデザインと技術を兼ね備えたボーム&メルシエの時計は、身に着ける人の誠実さを象徴してくれるのではないでしょうか。

引用元-ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)/30代以上の男性に贈るオススメ腕時計3選。: Watch+F

人気モデルのクラシマについて

どんな場面でも理想的
クラシックとモダンをバランスよく組み合わせたボーム&メルシエのClassima は世界各地でベストセラーとなっており、エグゼクティブの品のある装いに欠かせないウォッチです。
アーバンなスタイルですがどのような場所でも使うことができるClassima はシティでもハンプトンでも完璧な装いを約束します。
洗練されたトラディショナルなローマ数字を使い、派手な表現を避け、真の豊かさは内部にあるとの哲学を表現するモデルです。

引用元-ボーム&メルシエ ISHIDA BEST 正規時計

baume&mercierクラシマ おすすめのイエローゴールドコレクション

計算されたミニマムデザインに、クラス感あるイエローゴールドの組合せは格調高い。シルバーの文字盤の中心部は、垂直ラインのギョーシェ装飾が施され、それを取り囲むように18Kイエローゴールドのローマ数字とバーインデックス、ゴールドの針が絶妙な調和を保っている。12位置には第二時間帯を示すGMT、6時位置にパワーリザーブ表示を装備。シースルーバックなので、搭載されているETA2892の自動巻ムーブメントの鼓動を楽しめる。

引用元-BAUME&MERCIER ボーム&メルシェ – 日経トレンディネット

Baume & Mercier Classima collection -YouTube動画

 - ボーム&メルシエBAUME&MERCIER, 海外ブランド

ページ
上部へ