時計に関する豆知識や修理、オーバーホールについてのブログです。

時計あるあるブログ

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

      2016/03/06

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ・ブレゲが創業。

マリー・アントワネット、ルイ16世、ナポレオンなどが顧客となり、

時計作りを支援していました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

オメガ・スピードマスター(自動巻き・手巻き)のメンテナンス

様々な国産メーカーからより安価で、電波受信することで10万年...

レディース腕時計は20代からいいものを…

なぜ20代で?どんな腕時計を選べばいい?レデ...

個性的な木製腕時計WEWOODやTENSEの魅力

じわじわと人気を集めるウッドウォッチ。最近では完全防水の木製...

ドイツ時計ヴェンペWEMPEツァイトマイスターの魅力

最近専門誌などで注目を集めているドイツブランドのWEMPEヴ...

モーリス・ラクロア ダイバーズウォッチの魅力

モーリス・ラクロア ポントスSダイバーは、ダイバーズウォッチ...

手に入れたい腕時計の一つ、アンティークウォッチ 持つために注意することは?

アンティークならではの形とデザインの腕時計は、時計好きな方な...

様々なシーンで活躍する腕時計の文字盤は白

抜粋腕時計の文字盤は面積が大きい分、相手に与える 印象も大...

腕時計の文字盤の色を使い分ける黒や白い文字盤について

フォーマルな場面やカジュアルな場面で洋服や靴のように、 腕...

腕時計の文字盤が大きいのは注目の的!大きめ文字盤の時計たち

女性でもメンズサイズの文字盤が大きい腕時計を利用している方も...

独創性が魅力的な腕時計アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEIN

アラン・シルベスタイン ALAIN SILBERSTEINは...

ラルフローレン腕時計サファリRL67クロノメーターの上質な味わい

ラルフローレンは、アフリカの草原を旅するサファリに長年 魅...

baume&mercierクラシマで大人の男を演出

姿勢のいいルックスと控えめな表情を併せ持つスイスの老舗ブラン...

世界の時計愛好家を頷かせるブレゲBreguet

ブレゲBreguetは1775年、時計職人のアブラアン・ルイ...

バレンタインには腕時計を!カモフラ柄で攻めてみる

個性溢れるカモフラ柄の腕時計は、自衛隊や、軍隊などのミリタリ...

オーデマピゲAPの代表的なモデル「ロイヤル・オークRoyal Oak」

40年前に誕生したオーデマピゲ不朽のアイコンであるロイヤルオ...

海外でも人気が高まるブルーの文字盤

最近ブルーの文字盤の腕時計の人気が高まっています。主張するブ...

最高級ブランドヴェルサーチ でも時計としての評価は?

イタリアが生んだ鬼才、ジャンニ・ヴェルサーチが自らの名を冠し...

若者の魅力を引き出すフォッシルFOSSIL腕時計 メンズも人気

1984年にアメリカでスタートしたカジュアルウォッチブランド...

スイス老舗ブランド、レビュートーメンRevue Thommenのエアスピード

エアスピードは、レビュートーメンの独創的な時計造りのノウハウ...

メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

2014年に誕生したウォッチブランド ノットKnot。新たな...

スポンサーリンク

ブレゲBreguetの歴史について

ナポレオン・ボナパルト、マリー・アントワネット、ビクトリア女王など、世界の名立たる偉人達を顧客にもつという、天才時計師 = アブラアム・ルイ・ブレゲ。1775年にパリで工房を開設し「時計の歴史を200年早めた男」と言わせしめた程、数々の発明や偉業には事欠かないブランドである。衝撃吸収装置「パラシュート」、パーペチュアルカレンダー、ブレゲひげゼンマイ、トゥールビヨンなど現在では他のブランドでも採用される機構・パーツ的なものから、ギョーシェ細工による装飾文字盤、ブレゲ針、ブレゲ数字といったデザイン的なものまで多岐に渡る。中でも一番有名な逸話は、フランス王妃マリー・アントワネットから依頼された「金額に糸目は付けない、世界で最高の時計を」と発注されて制作したという「No.160」。前述の機構に加え、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、パワーリザーブ表示など超絶な複雑機構を惜しみなく搭載し、透明クリスタルを使ってその機械体裁全てを見せるという、まさに天才にしか創り出せない逸品だった。しかしこの懐中時計が完成したのは王妃が断頭台に立った後、ブレゲも死没し、発注から44年後に弟子たちが完成させたと言われる。2008年のバーゼルフェアで一つだけ復刻された「No.1160」が発表され、話題に。現在市販のコレクションは「クラシック」「トラディション」など名の通り同社の歴史、伝統を誇示する雅やかなシリーズと、フランス海軍に収めていたマリンクロノメーターからインスパイアされた「マリーン」、同航空部隊用に開発されスプリットセコンドを搭載したパイロットクロノグラフウォッチ「タイプXX シリーズ」等のミリタリーオマージュな展開もあるが、そのどれもがブレゲらしい気品を漂わせている。

引用元-ブランド時計:格安通販【かめ吉】

時計の歴史を200年早めたと云われるブレゲ創設者について

アブラアム=ルイ・ブレゲ[1](Abraham-Louis Breguet 、1747年1月10日 – 1823年9月17日)は、スイス、ヌーシャテル生まれの時計職人。時計の歴史を200年早めたとも云われる。ブルゲと表記されている場合もある[2]。
フランスで時計の開発を行い、永久カレンダー、暗闇でも音で時を知らせるミニッツリピーター、重力の影響によりゼンマイ時計が狂うのを防ぐトゥールビヨン機構など、様々な革新的技術を生み出した。その他にも、「パラシュート」と呼ばれる耐衝撃装置、ブレゲヒゲと呼ばれる独特のカーブを持ったヒゲゼンマイなどにより時計の信頼性向上を図るなどの地味な発明や、ブレゲ数字(独特のインデックスの書体)、ブレゲ針(穴空き針)、ギョーシェ(文字盤の細やかなピラミッド状の装飾)といった高級時計に現在も用いられる意匠の考案にまで、彼の業績は及んでいる。一点ものではあったが、ブレスレット型の腕時計を制作したことでも知られる。

彼の創設した時計メーカー・ブレゲはパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ・アンド・ゾーネとともに世界5大時計と呼ばれることもある。

引用元-アブラアム=ルイ・ブレゲ – Wikipedia

Breguet本来のデザインが受け継がれるクラシックコレクション

image003 (1)
「クラシック」は、ブレゲの伝統的な価値や時計技術を誇らかに象徴するフラッグシップ・コレクションです。200年以上の遺産や、高級時計の歴史そのものに影響を及ぼした独創的な特徴がみごとに集約されています。
「クラシック “オーラ・ムンディ”」も、その名声を支えるスピリットが余すところなく表現されています。 ケースは18Kローズゴールドやプラチナで作られ、文字盤は、アメリカ大陸、ヨーロッパおよびアフリカ大陸、アジアおよびオセアニアを描いた3種類があり、全部で6タイプを揃えます。

「クラシック “オーラ・ムンディ”」を最も特徴づける複雑機構といえば、機械式時計では世界初となる、日付、デイ/ナイト、都市名表示のすべてが連動するインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示です。
インスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示機構は、一度設定すれば、時間、日付、デイ/ナイト表示が瞬時に連動する仕組みになっているので、例えばパリの現地時間からシドニーの現地時間への変更も、リューズ/プッシュボタンを押すだけです。

引用元-ブレゲ ISHIDA BEST 正規時計

Breguet腕時計マリーンコレクションもおすすめ

5837br_92_5zu_face (1)

「マリーン」コレクションは、創業者アブラアン・ルイ・ブレゲが1815年にマリン・クロノメーター(揺れる船上でも、正しい時を刻むことが出来る時計)の製造者として、フランス海軍省御用達時計技師であったことを称えて誕生したモデルです。

そのブレゲが残した海軍用精密時計の技術を、現代の時計に落とし込んだモデルなのです。スポーティありながら、ブレゲならではの意匠を凝らした作りになっています。

伝統のコインエッジ(職人の手彫り)が見事です。

240年の時を経て、王侯貴族を夢中にした世界最高峰の機械式時計の世界観を味わえる希少な時計ブランドがブレゲなのです。

引用元-ブレゲ(Breguet)/時計を2世紀進化させた伝説の天才時計師のブランド・ブレゲについてまとめてみました。: Watch+F

Breguet Tradition 7087BR -YouTube動画

 - ブレゲBreguet, 海外ブランド

ページ
上部へ