メイドインジャパンをリーズナブルに ノットKnotの腕時計

ノットKnot

ファッションに敏感な若者の注目を集めている新ブランドKnot(ノット)

xknot-kichijoji-20150128_006-thumb-607x341-358622.jpg.pagespeed.ic.bn2Jz2iloN (1)

「住みたい街」で常に上位に位置する東京・吉祥寺。人気のショッピングエリアから少し離れた住宅街の中にKnotの直営店はある。2015年3月にオープン。好立地とは言いがたいが、週末ともなれば1日200人程度が訪れる。腕時計の本体とベルトの別売りがKnotの「売り」。お客は自由に商品を手にとって本体とベルトのコーディネートを楽しめる。ベルトの着脱は簡単だ。記者が取材に訪れた際も、若者たちが本体とベルトをとっかえひっかえして、腕時計選びを楽しんでいた。

Knotの遠藤弘満代表は米「ルミノックス」、デンマーク「スカーゲン」といった海外ブランド腕時計を日本でヒットさせた仕掛け人として時計業界では知られていた。「Made in Japan」の腕時計に対する消費者の信頼は国内外で高いが「日本製は高額化し、皆の手が届く商品は非常に少なくなった」と遠藤代表。ファッション性に優れた日本製の腕時計を手ごろな価格で提供すれば、腕時計を普段は身につけない若者や、アジアを中心とした海外市場で受け入れられると考えた。

大手メーカーが国内生産を縮小するなか、遠藤代表は国内の協力工場の確保に走った。時計の品質を大きく左右する駆動装置には大手時計メーカーが作る日本製を採用、組み立てと検品は国内で実施する。シルクの組みひもやハンドクラフトの天然革などを使用したこだわりのベルトもそろえる。

自社のインターネット通販で14年10月から販売を始めた。カジュアル衣料店「ユニクロ」と同じ製造小売り(SPA)方式を採ることで、流通コストなどを抑えた。マーケティング面ではクラウドファンディングを実施し、ネット上の話題作りに努めたという。

本体とベルトを合わせた価格はおおむね2万円。この価格帯の大手メーカー品は量販店で3~4割引きは当たり前。「うまみの少ない商品」とみられているだけに、Knotの好調ぶりは業界関係者にとっては驚きだろう。

引用元-日本版スウォッチになれるか 時計VBノットの挑戦  :日本経済新聞

高級時計なのに低価格 その秘密とは

Knot(ノット)は、今まで腕時計をしてこなかった人にも気軽に楽しむことができるよう、価格は10,000円台から購入することが可能。2,000円から用意された、全30種類以上のストラップを選ぶことができ、そのカスタマイズの柔軟さも人気の理由。

これだけ価格を抑えてるのに、高品質。
ムーブメントはシチズンの日本製。
サファイアガラスを使用しているので、見た目も華やかで傷がつきにくい。
ストラップもデザイン性が良く、高品質。
カジュアルにも、フォーマルにも合うデザイン。

Knot(ノット)は、単に今の時刻を知るための道具から脱却し、一人一人の個性を表現できるアクセサリーとして本当に素晴らしい。

引用元-ガイアの夜明けで話題!『Knot(ノット)』という高級時計が超オシャレ! – ウォンピック(Wanpick)

なぜ低価格なのに高品質を実現できるのか?

通常であれば、部品メーカー > 海外工場 > 商社 > メーカー > ブランドホルダー > 輸入代理店という工程を経てわたしたちの目に触れることになるので、どうしてもコストがかかってしまう。

Knot(ノット)はこの工程を壊し、部品メーカー > 日本工場 > Knot(ノット)という工程で商品を販売することで、高品質で低価格を実現している。

引用元-ガイアの夜明けで話題!『Knot(ノット)』という高級時計が超オシャレ! – ウォンピック(Wanpick)

ブランドKnot創立の経緯

突然ですが、皆さん腕時計の色やサイズ、素材などが自由に選べないことに不満を感じた経験などはありませんか?

私は10数年にわたりいくつもの海外ブランドの腕時計をプロデュースしてきましたが、多くの消費者の方からこうした声を聞いてきました。特に男性にとっての腕時計は、ビジネスで唯一身につけることが許されたアクセサリーであり、限られた範囲でパーソナリティーを表現する重要なアイテムだけに、選ぶのが難しいですよね。

そもそもどうして腕時計は色やサイズが服のように選べないのか?特に男性用のビジネスウォッチは金属製のベルトがほとんどで、革ベルトは黒か茶色ぐらいしか用意されていません。ベルトを買い換えようと思っても専用工具が必要だったり、それ以前にベルトだけで1万円近くするものも多かったりと、気軽に買い換えることも難しい。一方で、ベルトを自分の好みやファッションにあったものに付け替えて腕元を演出したいと思っているビジネスパーソンの需要は確実に高まっています。そして腕時計にファッションコーディネートが楽しめる場やお手本があれば、多くのユーザーが感じている腕時計選びの不満やストレスが解消されるはずです。

そこで私達は、WEBサイトを通じて豊富なバリエーションの中から自由に時計とベルトをコーディネートして購入できるサービスと、MADE IN JAPANにこだわった高品質の腕時計を1万円台から提供することで、消費者の方のニーズを実現しようと考えました。

引用元-時計業界に新風を!日本製のプレミアムな腕時計を1万円台から気軽にカスタムオーダー | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

Knotノット代表の遠藤弘満の前歴について

初めは通販会社。その後、海外のレア物商品を紹介するテレビ番組でバイヤーを初体験。番組で製品を紹介すると瞬く間に話題となった。
そんなとき、テレビ番組側からのオファーでドイツに向かい、ある雑誌出版社の海外支社にいたN社長に出会う。当時、その会社が販売代理店になっていた時計を有名俳優との別注モデルにしたいと交渉した。
が、商談はあえなく決裂。
そのうえ「おまえは時計業界について何もわかっていない」と3時間以上の説教を受けた。しかし、そこでN社長に気に入られたのが腕時計業界への入り口だった。
N社長の指導を受けたのち、腕時計業界について本格的に勉強をはじめた遠藤代表。時計産業の難しさと面白さに惹かれ、最初に輸入代理を手がけたのはルミノックスだ。

引用元-大ヒット腕時計Knotなぜできた 遠藤弘満代表インタビュー[PR] – グノシー

ミリタリーウォッチでありながらデザインは抜群。放射性物質トリチウムが入っているため輸入は難しいと言われていたが、科学技術庁と交渉を重ねて、なんとか輸入に成功。見事に大ヒットした。
その後に手がけたのがデンマークの腕時計スカーゲンだ。シンプルなデザイン、こなれた価格はアジアでヒットする素地があると踏んだ。日本人の腕回りに合わせた独自ライン“Jモデル”を展開したところ、これまた当たった。
仕入れた商品はことごとく当たる。彗星のごとくあらわれたヒットメーカーとして、若き遠藤代表の名は時計業界に知れわたっていた。

引用元-大ヒット腕時計Knotなぜできた 遠藤弘満代表インタビュー[PR] – グノシー

Knot Timepiece/PV long ver. -YouTube動画

コメント

  1. knot より:

    ベルトで革はなめしにこだわり手が込んだ栃木レザーや、京都伝統の編み紐の製法を充実に用いられているのは知ってますが、ステンレスベルトはそんな製法が用いられているのですか? 教えて下さい。 それにしてもknotは良い時計ですよね。
    自分も大好きです。

タイトルとURLをコピーしました