グッチGUCCI腕時計の気になる評価は?

グッチGUCCI

Gucci Watches: Twirl Collection -YouTube動画

グッチGUCCIブランドについて

グッチ(Gucci)は、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci, 1881年 – 1953年)が1921年に創業したイタリアのファッションブランド、および同ブランドを展開する企業である。バッグ・靴・サイフなどの皮革商品をはじめ、服、宝飾品、時計、香水などを幅広く手がけている。
ケリンググループの中核をなすブランドで、同系列にサン・ローラン、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ、セルジオ・ロッシ、ブシュロン、プーマなどのブランドがある。以前は「グッチ・グループ」として、これら系列各社を代表する存在であったが、1990年代に創業家のお家騒動と外資の買収に翻弄された経緯(後述)が関係し、フランスの流通大手企業であるPPRの保有会社となった。2011年にグループそのものがPPRグループの100%子会社化されたことで、系列会社を含めて「PPRラグジュアリー・グループ」所属、また2013年の社名変更により「ケリンググループ」の構成企業となった。
ブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られる。

引用元-グッチ – Wikipedia

バーゼルワールド 2015でi.am+とパートナーシップの締結を発表

バーゼル、2015 年 3 月 19 日 – グッチ タイムピーシズ は、時計業界における世界最大級の国際展示会、バーゼルワールド 2015 において、革新的なウェアラブル テクノロジーの開発を目的としたi.am+ との特別なパートナーシップの締結を発表しました。

グッチ タイムピーシズ社長兼CEO ステファン・リンダーは、「グッチ タイムピーシズは、i.am+ および ウィル・アイ・アム(will.i.am)氏との革新的なコラボレーションを通して、いま私たちの前に広がるウェアラブル テクノロジーの未来を担います。このパートナーシップは、包括的な最先端の機能を搭載し、ファッションアイテムとしても通用するウェアラブル デバイスの展開を目的とします。」と語りました。

ウィル・アイ・アム氏 は次のようにコメントしています。「i.am+ とグッチ タイムピーシズ は、非連携型ウェアラブルのビジョンのもと、業界をリードしていきます。ファッショナブルでありながら、技術的にも最先端のデバイスを生み出し、このカテゴリーを明確化することを志します。このコラボレーションは、ファッションとテクノロジーの世界を融合させるという意味のfashionology(ファッショノロジー)というコンセプトのもと活動するi.am+にとって、まさにその概念を体現しています。」

引用元-バーゼルワールド 2015 にてグッチ タイムピーシズは I.AM+ の創始者兼 CEO WILL.I.AMとの革新的なウェアラブル デバイスの開発に関する特別なパートナーシップの締結を発表 | 「グッチ ウォッチ & ジュエリー」

グッチ腕時計の魅力とは

1921年、レザーアイテムを取り扱う店としてスタートしたグッチ(GUCCI)。今では、イタリアを代表するグローバルブランドとなりました。品質を保証するために世界に先駆けてデザイナーの名前を入れた商品を考案したことでも知られます。グッチのコンセプトは、「最上の伝統を最上の品質で、過去のよいものを現代に反映させる商品作り」。ウォッチ部門でもそのコンセプトは息づいており、クラシックな中にトレンド感をアレンジした時計が販売されています。定番モデルの「YA055」シリーズはスッキリしたフォルムに、上品なデザインが施されたグッチを代表する時計です。メンズファッションにも自然に溶け込む使いやすさも魅力です。

引用元-グッチ(GUCCI) メンズ/時計・腕時計の品揃え国内No1【腕時計本舗】

ディアマンテパターンが施された腕時計

この新しいウォッチ コレクションには、異なる 3 サイズからなる 5モデルがあり、フェミニンなスタイルにエレガントなディテールを備え、コレクションのインスピレーションであるアイコニックなディアマンテ パターンが施されています。このウォッチの誕生により、ディアマンティッシマ ジュエリー コレクションとともに、現代的な女性にむけて新しいスタイルを提案します。

ディアマンテパターンは、グッチのシグネチャーであるキャンバス素材に施されたダイヤモンドシェイプからインスピレーションを得て誕生しました。洗練されたケースとミニマルなダイアルのディアマンティッシマ ウォッチは、このデザインの魅力を最大限に引き出しています。ケースにはディアマンテパターンが施され、ダイアルにもオリジナルのキャンバス地を表現したモチーフがあしらわれています。

新しいディアマンティッシマ ウォッチ コレクションは、ステンレススチール & ホワイトバージョン(32mm、27mm、22mm)、またはブラック カーフレザー ストラップを組み合わせたピンクゴールド PVD & ブラックバージョン(32mm、27mm)で展開されます。ケースには、ステンレススチールのトーン・オン・トーン、またはブラックとピンクゴールド PVD のコントラストによるディアマンテパターンが施されています。22mm のプレシャスモデルは、マザー・オブ・パール ダイアルの12 、3 、6 、9 時位置にダイヤモンドをセッティングし、他の4 モデルはインデックスを配さないミニマルなスタイルのダイアルを使用しています。また、12 時位置にグッチロゴ、 6 時位置にSWISS MADEの表記が配されています。

引用元-グッチ タイムピーシズ & ジュエリー ディアマンティッシマ ウォッチ コレクションを発表 | 「グッチ ウォッチ & ジュエリー」

グッチ腕時計の評価は?

「グッチ」と言うブランドの名前で売っているからです。

簡単に言うと、グッチの腕時計は、どこかの時計専門メーカーが作っている物に「グッチ」の名前だけを付けて売っているからです。つまり、「グッチ」の名前を取って、他のアパレルメーカーの腕時計として名前を付けても売れます。

そのため、アパレルメーカーが販売しているファッションウォッチは、評価が低いのです。

ちなみに同じようなブランドでも、ルイ・ヴィトン、ブルガリ、カルティエが等が低評価にならない理由は、腕時計を自社で開発、生産することができるためです。

引用元-グッチの腕時計が日本では全く評価されないのはなぜですか?バーゼルワールドに… – Yahoo!知恵袋

やっぱり時計専門のブランドには対抗できないってことでしょうね。

デザインは別にしてムーブメント等、耐久性・品質面で。

日本でグッチやエルメスを時計屋として見ないから候補に挙がらないだけかもしれませんけどね。
(もちろん時計屋ではないですけどねw)

結局、日本ではグッチやエルメスなどには時計を求める需要が少ないからでしょうね。

引用元-グッチの腕時計が日本では全く評価されないのはなぜですか?バーゼルワールドに… – Yahoo!知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました