最高級の技術で卓越性の追及と伝統に未来を与える パテック・フィリップ

パテック・フィリップPatek Philippe

New Models 2015 -YouTube動画

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

パテック・フィリップ(Patek Philippe)について

パテック フィリップ(Patek Philippe)は数ある時計メーカーの中でも最も高価な腕時計を生産、販売するメーカー。時計生産の技術が非常に高いことで有名。

「卓越性の追及」「伝統に未来を与える」を創業時から掲げ、独自の品質基準により、ムーブメントなど時計の製造工程をすべて自社内っている。すべての製造工程を社内で行う会社は高級時計メーカーが数揃うジュネーブの中でもパテック フィリップのみと言われ、ジュネーブ最後のマニュファクチュールと言われている。

技術革新を追及し、最も多く機能を搭載した複雑時計や革新的な機能を発表した。クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフ、ミニッツリピーターのパイオニア的な存在でもある。

パテック フィリップは、1839年、スイスにて、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック(Antoine Norbert de Patek)とフランソワ・チャペック(François Czapek)が創業。パテックはポーランドからの亡命貴族でスイスに来て高級懐中時計の製作にたずさわる。主にセールスを担当した。一方、チャペックは時計職人だった。創業時の社名は「Patek, Czapek & Cie」で後に何度か改名され、1932年に現在の「Patek Philippe SA(パテック フィリップ・SA)」となった。

1844年、パテックは、博覧会のために訪れたパリにてフランス人のジャン-アドリアン・フィリップに出会う。フィリップは、後に、竜頭による巻上げ、時刻合わせの機構など数多くの発明をするような天才時計職人だった。パテックとフィリップの二人は意気投合し、製作を共にするようになる。51年、フィリップが正式にパテックの会社の事業パートナーとして参加し、社名を「Patek & Philippe Cie」に変更。(なお、チャペックは45年に会社から離れている。)

1851年、ロンドンの万博で展示した懐中時計が金賞を受賞。ヴィクトリア女王も時計をオーダーした。1868年には初の腕時計を作成。

パテックの死後、フリップ家がパテック・フリップの経営を行っていたが、1932年、シャルルとジャンのシュテルン兄弟が会社の経営を引き継ぐ。同年、「カラトラバ」を発表。このラインはドレッシーかつクラシカルで、ドレスウォッチの定番となっている。

1933年、銀行家のヘンリー・グレーブス・ジュニアがティファニーを通じて注文した「史上一番複雑な懐中時計」を製作。24の機能が搭載された複雑時計「グレーブス・ウォッチ」は、89年に同社製の「キャリバー89」が登場するまで最も複雑な機構を持つ時計だった。2005年、時計史上最高となる約1100万ドル(11.5億円)で取引された。

日本では昭和天皇がしばしばパテック フィリップの時計を身につけていた。

2008年、パテック フィリップのトゥールビヨンの腕時計「Ref. 5002P Sky Moon Tourbillon」に1.49万ドル(約1.6億円)の値がつけられた。これはヴァシュロン コンスタンタンの製作した「Tour de l’Ile」を抜いて近年製作された腕時計では史上最も高く値がついたもの。

このようなことから、世界で最も高い時計メーカーと言われる。ロレックスの時計は価値が落ちないため換金性が高いと言われる一方で、パテック フィリップの時計は価値が上がると言われ、投資の対象にもなる。

引用元-パテックフィリップ : Patek Philippe

「パテック・フィリップの時計は一生もの」

1135_CHR_29_535_PS_Q_img3_21 (1)

どんなに古い自社時計についても修理することができる「永久修理」を宣伝しているため、「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功している。しかし、保証期間(通常2年間)が過ぎた時計については、当然のことながら有料修理であり、またオリジナル部品を長期にわたって保持することを保証するものではない。そのため、オリジナル部品の在庫がなくなった時点以降はオリジナル部品を使った修復ではなく、その時どきで製造可能な代替部品を使ってのメンテナンスとなる。その場合、必要な代替部品を新たに製造するコストは個々のユーザーの負担となり、時計の購入価格を大きく超える修理代金を請求されるケースも多い。
また、パテック・フィリップはオークションで古い自社時計を高値で買い戻すことによって、「パテック・フィリップの時計の中古市場価値を保たせる」というビジネス戦略をとっている。その結果、上記の「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージの宣伝にも役立っている。

引用元-パテック・フィリップ – Wikipedia

パテックフィリップの腕時計が高価な理由

このわたし。腕時計、懐中時計を大方揃えてしまった事があります。
元もとの「祖先」から残っている物に加え、自分でオークションやショップで購入していました。

最初はアメリカ・レイルロード。ヨーロッパ製へ進み、脱進器別でも揃えました結果、
次はノーマルなのに高いという物を物色しはじめました。

最終的に選び始めたのは単純「天文台精度コンクール入賞」のものです。

1965年以前の機械の時代は如何に精度を出すかで会社の名誉をかけて参加していたのです。
わが国のセイコーが上位入賞を果たしたのが「世界のセイコー」の始まりでもあります。
腕時計のクロノメーター認定試験ではありませんが、よく似たものですが、もっと厳しいもの。

しかしながら出品した物はその会社の金庫に大切にしまわれ市販される事はありませんでした。
そう、実際には市販されませんが市販品に技術を応用されていました。F1など車と一緒ですね。

ところが、時々何故かケースが付けられ市販された物があります。間違えたわけではなく。
そういう「天文台」物は当然高価になります。判りやすいでしょ。

実はパテック社は、たとえコンクールに入賞したとしても金庫に保管せずに、
特別な顧客の特注品に使っていました。
高価なノーマル・パテック・モデルの五倍から十倍の恐るべき値段が付きます。

まだ安かった時代に私は車の買い換えの為の貯金を全て継ぎこんで買ってしまったのが、
この「天文台精度コンクール」のものです。

(後になってから、かなり後悔しましたが、現在1999年のアンティコルムに出しても、
ある程度のまとまったお金になりますから、貯金と考え直しています)。

引用元-パテック・フィリップ社の時計が高額な秘密

パテックフィリップの一段深い配慮

 パテック フィリップは良いと言われますが、いったい何が良いのでしょうか? ポイントはふたつ。ひとつはキレイな点、もうひとつは実用性が高い点です。高級時計ならどれもそうじゃないか、と思われるでしょう。確かに、多くの高級時計はそうです。しかし、パテック フィリップは、他社よりもこの2点において、もう一段配慮が深いのです。
パテック フィリップは明らかに他社の時計とは違います。ケースと文字盤が違うからです。ケースは切削ではなく、鍛造で作られます。何度もプレスして仕上げられるのです。文字盤の製法は他社と同じですが、製造に時間を掛けています。だから、他社とは違ったニュアンスが出せるのです。
そして、実用性の高さにもやはり理由があります。ひとつは、基本設計が堅牢なこと。単に難しく作るのではなく、実際に使えるような設計となっています。その結果、操作性もいい。設計に無理がないのです。
もちろん、他にも優れた時計はたくさんあります。ただし、キレイで、かつ、実用的という点で、パテック フィリップは非常にバランスが取れているのです。パテック フィリップを買ったら、ずっと買い続ける人がいるのもよく理解できます。
パテック フィリップはケースを鍛造で作っています。ケースの製法に鍛造を採り入れているのは、他には、ロレックス、ブライトリング、パネライなどです。切削との違いを述べてみましょう。切削は文字通り削って成形します。削るからエッジが立ちます。金型は必要ないから、コストも下げられます。ただし、削るわけですから、金属の目は詰まりません。だから、磨いても平滑な面は出にくいのです。
鍛造は、金属を何度もプレスして形を作っていきます。プレスだから、エッジはあまり立てられません。もちろん、あとから削れば、エッジは立ちます。金型がいくつも必要になるためコストは掛かりますが、何度も金属をプレスするので金属の目が詰まります。だから、磨いたときに素晴らしく平滑な面が出る。確かに、他にも鍛造ケースを採用するメーカーはあります。ただし、パテック フィリップの場合、あれだけの種類を作っているのに、ほとんどの時計に金型を設けてプレスをしています。さらに、非常に複雑な形状でも鍛造で作っています。ロレックスやブライトリングはケースの形が比較的簡単です。だから、鍛造で製造できるのです。パテック フィリップはよくやっているなと感心します。

引用元-パテック フィリップ は何が違うのか? 『クロノス日本版』スペシャル — [webChronos] — 高級腕時計専門誌「クロノス日本版」オフィシャルSNSサイト —

twitterの反応


https://twitter.com/tomolove18/status/625829158514352128

コメント

タイトルとURLをコピーしました