シチズン アテッサのダイレクトフライト機能が評判 人気は? 

シチズンCITIZEN

CITIZEN ATTESA 2014AW TVCM 30秒 ~FUTURE篇~ -YouTube動画

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

ビジネスで求められる人気のシチズン アテッサ

時間を見るだけならケータイやスマホでOK。そんな時代だからこそ、存在感をアピールするためもあり、デカくて厚い腕時計が長らくトレンドとなっている。また、高機能を誇るモデルも多々登場している。

しかし、腕時計は持ち手の人格を表わすもの。あまりに主張が強すぎるものは、初対面の時にいかがなものか。身に付けたいのはオーセンティックで、適度な高級感や品位も備え、しかも正確。国際派ビジネスマン用であれば、ワールドタイムなどの利便性の高い機能も備わっていれば、万全だろう。

こうした腕時計は、実は機械式にもクオーツにも存在する。一体どちらを選ぶべきか? 現状では、時計愛好家を自任する度合いが高いほど、機械式を好む傾向があるのは確かだ。80年代から徐々に復興の道をたどってきた機械式腕時計を“伝統に立脚した高級な嗜好品”と認知させるに至った業界の尽力は、大いに評価されるべきだ。

ただ問題は“ビジネスマン、必ずしも時計愛好家にあらず”ということだ。「時計に求めるのは正確さ。実用的であることが一番」と考える人は少なくない。そんな人にとっては、日々巻き上げたり、3日も身に着けずにいれば止まってしまったりする機械式よりも、電力で駆動し、手に取れば常に正しい時刻を表示しているクオーツウオッチのほうが、よりフレンドリーな存在であるに違いない。

しかも、定期的な電池交換の必要のない光発電式、時刻情報をのせた電波を受信して自動的に時刻修正する機能など、クオーツならではの機能も進化している。

もちろん1万円でお釣りがくるような普及品クオーツウオッチは世にあふれている。しかし、冒頭に挙げた条件をクリアするような、優れたクオーツウオッチも数々存在する。クオーツだからといってひとくくりにせず、違いを知り、納得できるモデルを、自信を持って着けこなしてほしい。

引用元-@DIME アットダイム|ジャンル|ファッション|人気クオーツ対決!『シチズン アテッサAT8040-57A』VS『グランドセイコー SBGX095』

技術だけでなく、遊び心も加わったシチズン アテッサ

trend20 (1)

シチズンが開発した技術は、まず真っ先に「シチズン アテッサ」に反映される。つまりこのシリーズを追いかければ、最新鋭の時計技術が分かるということになる。
シチズン アテッサのコンセプトは、世界を舞台に活躍するビジネスパーソンのための時計であるということ。それを実現させているのが、根幹技術の「ダイレクトフライト」だ。リューズを引いて回転させるだけで、ワールドタイムが直感的に操作できるため、使っていてストレスがない。6時位置には24時間表示式のデュアルタイムも搭載し、ローカルタイムが表示可能だ。この2つの時間は、ボタン操作で簡単に入れ替えることができるので、海外出張が多いビジネスパーソンにとってはうれしい機能だ。
しかもルックスにもこだわりがある。時計は実用品である一方で、所有する喜びを実感できる嗜好品としての価値も忘れてはいけない。シチズンが開発した傷のつきにくい「デュラテクトDLC」という表面硬化技術を使って、精悍なブラックケースを製作し、針やインデックスはゴールド、さらに都市表示はオレンジ色を使って艶っぽい雰囲気を作り出している。ビジネスウォッチに求められるのは、機能性と誠実さだが、杓子定規にはならない遊び心も忘れてはいけない。オールブラックの「シチズン アテッサ」は、腕元のハズシとして、ちょうどいい塩梅ではないだろうか。

引用元-CITIZEN | ビジネスと時計の密な関係 | 日経ビジネスOnline Special

ダイレクトフライト機能が評判のシチズン アテッサ

「やっとロスに到着したか……。さて俺も、“コイツ”と一緒に時差を修正しないとな」

おもむろに腕時計を操作し始めた熱血バイヤー。親しみを込めて“コイツ”と称したのは、シチズンのエコ・ドライブ電波時計「アテッサ ジェットセッター」“ダイレクトフライト”。世界中どこにいても、細川に正確な時刻を告げてくれる頼もしいビジネスパートナーだ。

彼のお気に入りは、ディスク式都市選択ワールドタイム機能「ダイレクトフライト」。手動で時針を修正するといった面倒は不要。世界の主要26都市と協定世界時(UTC)を記したディスクを動かすだけで、簡単に現地時間に修正できるシチズン独自のまさしく“オンリーワン機能”だ。

「りゅうずを回して都市名を選ぶ……このアナログの操作感を押し出したところがにくい演出だよね。見た目だけじゃない。なにより、直感的に世界の主要都市の時刻に合わせられる使いやすさが最大の魅力だね」

引用元-細川茂樹の熱血バイヤー!SPECIAL 仕事も時間も“世界基準” 細川茂樹のビジネスシーンを支える“相棒” シチズン「アテッサ ジェットセッター」

決して派手ではない、でも確実にそこにある腕時計

do_ate121004_01 (1)

実機を手にすると口にでるのは「やはり薄いな」だった。9.72ミリというシンプルな3針モデルとも遜色のない厚さは、ビジネスウオッチとしてワイシャツの袖口にスッと収まる。何よりも無駄のないカチッとしたデザインが、「派手さはなくとも、そこに確実にある」という独特な存在感をはなっている。

「腕時計のデザインというと、どうしても正面からみる文字盤に目がいきがちです。でも、本モデルのデザイナーはありとあらゆる角度からみても魅力的であることを目指しました」(久保田さん)

実際に腕時計に目をやるシーンを想像する。歩きながら時間をちらりと確認したり、デスクワークでは外してPCの横に置いたりと、必ずしも文字盤正面から時刻をのぞきこむだけではない。

デザイナーが掲げたのは「Solid(ソリッド)」であること。英語のソリッドという形容詞にはさまざまな意味がある。例えば「同じ色調の」「立体の」というものがある。

なるほど、新クロノグラフはどの角度から見てもスパッと切り立ったエッジを持つ平面の組み合わせが美しい。ある面はミラー仕上げ、またある面はヘアライン仕上げと磨き方を変えることで反射する光の輝き方や色合いをうまく調和させている。

引用元-シチズン「アテッサ」、目指したのは“ソリッド”なビジネスウオッチ (1/3) – ITmedia ビジネスオンライン

スリムボディでスマートな印象をアピール

電池交換も時刻合わせも不要。光をエネルギーに換えて駆動し、日本国内はもちろん、世界の主要地域で標準電波を受信して、正確な時刻へと自動修正する。さらにダイレクトフライトを搭載する各モデルでは、2ステップの直感的な操作で各都市の時刻を容易に知ることもできる。

こうしたユーザビリティに富む機能性の高さに加えて、ビジネススーツに合うソリッドな外観を備えていることも「アテッサ」の強み。チタニウムに独自の表面硬化技術デュラテクトを施し、光を受けて美しい輝きを放つ「アテッサ」は、軽く、メタルアレルギーを起こしにくく、さびることもない。シリーズ最新モデルでは、クロノグラフに針表示式ダイレクトフライトを備え、ボディの薄型化を実現。25年間の歴史に甘んずることなく、革新性を貫くこの姿勢が、ビジネスパーソンに支持される理由である。

引用元-新たな一歩を踏み出すビジネスパーソンたちに「シチズン アテッサ」 – Asahi Shimbun Digital[and]

コメント

タイトルとURLをコピーしました