電波ソーラー腕時計 おすすめは?特別な機能とは?

カシオCASIO

CASIO OCEANUS OCW-G1000 Promotion video(Functional video)

人気が高まるおすすめのカシオのソーラー電波メタルウオッチ「OCEANUS」

―― 幡さんから見て、そういったお客様はOCW-S3000のどんなところに魅力を感じていると思われますか?

幡氏「やはり、ダイヤルデザインの美しさ。特に、イメージカラーの青は『キレイだね』とよく言われます。あと、薄さですね。これはかなり多くのお客様が気にされるポイントです。比較検討の対象となる他の時計より、OCEANUSのほうが薄くて軽い。デザインについても、オーソドックスな美しさや高級感の中に、少しだけ今風なオシャレ感があるのが受けていると感じます。

ほかにも、ザラツ研磨に代表される仕上げの良さ、あるいは風防がサファイヤガラスで傷が付きにくいとか、メンテナンスフリーなソーラー電波時計だったりとか…。そういった作り込みの良さや豪華な装備のバランスが、非常に高い位置にあります。そこにOCW-S3000の人気の秘密があると思います」

引用元-−-マイナビニュース

カシオCASIOソーラー電波時計の特別機能

まずはソーラー電波時計3大ブランドの一つ!

ソーラー電波時計の電波の部分はそのメーカーも殆んど一緒だと私は思うのですね。
だってうちのこのソーラー電波時計は超電波バリバリですよ!とかいっても、
いや、
電波はどうでもいいし。。。
みたいになりません?^^
まぁ感度的には必要かとはおもいますが。
カシオソーラー電波時計の凄いとこはこれですね!
タフソーラーパワーシステム。
もう聞いただけで。
あっ!これはきてるわ!ってそう感じるでしょ?
タフですよ!タフ。あ、話進めろって?
すみません。
はい。
え~となんでしたっけ。
あっカシオソーラー電波時計のタフソーラーパワーシステムについてでしたね。
はい。カシオ独自のソーラー発電システム「タフソーラー」は、蛍光灯のわずかな光でも発電するソーラーパネルを採用しているそうです。
それにより、そう!充電の感度がいいという事ですね!
ぜっかくの時計なのに太陽全快じゃないと充電できないソーラー電波時計なんか必要ないですもんね。
とあとパワーアシストとして、電力消費の激しい各機能をストレスなく使用可能にする大容量二次電池との組み合わせによる駆動システムを採用です。
省電力により駆動時間の長時間化を実現し高い実用性を持っておりソーラーパワーのため電池交換不要の環境にも配慮したシステムに仕上がっています。
とカシオソーラー電波時計はソーラー電波時計の部分のソーラーつまり時計の命の部分ですね!
そこにカシオ独自の力を加えソーラー電波時計の弱点を見事に克服しております。

引用元-−-ソーラー電波時計の3大手メーカーの魅力!

シチズンCITIZENソーラー電波時計特別機能

ソーラー電波時計
シチズン ソーラー電波時計特別機能についてお話しますね。
まずシチズン ソーラー電波時計といえばですよ。
多くのスポーツ選手とくにマラソン選手なんかは殆んどが愛用されています。
これだけでもう信用性はバッチリですが!
なぜ愛用しているんだろうか・・・。
あなたが間違いなくそう思っていると思いますのでそこの辺を教えましょう!
まずシチズン ソーラー電波時計の機能には新機能「パーフェックス」という特別機能があります。
これまた!
きてるな~!って名前してますよね!
いや、名前だけじゃ~ございませんぜ兄貴!
今までソーラー電波時計でアンテナ内蔵型で、耐磁性能を向上させることは大変に難しいことだったようです。
どうしても、耐磁性能を向上させるには電波受信能力を落とすことが余儀なくされたようでその難関をシチズンがクリアしています。
そうです!
シチズン ソーラー電波時計は電波受信能力を落とすことなく耐磁性能を向上させることに成功しています。
これにより JIS1種耐磁時計という厳しい基準をクリアーすることに成功しています。
さらにコレだけではなく、シチズン ソーラー電波時計は外部からの衝撃をセンサーが検知し、ICによって秒針を制御して針ずれを防止します。
シチズン ソーラー電波時計は万が一、針ずれが発生してもセンサーにより60秒ごとに針位置を検出して針を正しい位置に自動で補正するんです!
これで何となくプロの方が使用されている理由が分かった気がしませんか^^
その「JIS1種耐磁」「衝撃検知機能」「針補正機能」という三位一体の新機能がシチズン ソーラー電波時計「パーフェックス」というソーラー電波時計無敵の機能なのです。
さ・ら・に!
シチズン ソーラー電波時計はこれだけでは止まりません!!
うれしい機能もついてますよ!
その名も
デュラテクト
おっ!なんか近未来的!^^
説明しますね!
デュラテクトとは日常的に使っているときに起こるすりキズや小キズから時計が本来持っている輝きや仕上げの 美しさを保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術の事です。
つまりですよ!シチズン ソーラー電波時計は外的なキズからも保護してくれるんです。
いや、あなたを外的から守るわけじゃないですよ。。
あなたはシチズン ソーラー電波時計を守って下さい^^
なのでシチズン ソーラー電波時計を買って腕にはめたときの高級感や満足感など
、新品の時計を手にしたときの気持ちをいつまでも持ち続けて頂けます。。
いつまでもきれいなままでソーラー電波時計を使って頂けたい願うシチズンの気の利いた大切な技術ですね!。

引用元-−-ソーラー電波時計の3大手メーカーの魅力!

イタリアブランドで電波ソーラー『Salvatore Marra』

sm14117-10 (1) (1)

究極モデル!電波ソーラー機能搭載クロノグラフ

人気のイタリアブランド、サルバトーレマーラからプレミアムな限定モデルが登場。

サルバトーレマーラ初となる電波ソーラークロノグラフモデル

限定モデルにふさわしい最高級傑作!

狂わない、電池交換不要、そしてクロノグラフまでついた究極の腕時計。

洗練されたデザインの文字盤は高い技術とセンスを感じる高級感溢れるメンズ腕時計です。

アダルトなセクシーさと上品な大人の余裕を醸し出してくれる男を上げる腕時計

デザイン、スペック、存在感すべてが高得点のパーフェクトモデル。

重厚感のあるオールステンレスボディは、誰もが憧れる本格派のクロノグラフ。

カジュアルなスタイルにマッチし、スーツでも活動的なイメージと雰囲気で、

いろいろなシーンでハードに着けこなせます。

クロノグラフは、時間を計測するのに見やすく、とても便利な使い方ができます。

男心をくすぐる機能性も備えたハイスペックな限定アイテム。

プレゼントやギフトにもおすすめ。

引用元-−-【楽天市場】CAMERON

Q.ソーラー電波の腕時計って、本当に何十年もメンテナンス無しで使えるの?

A1

>考えてみたのですが、やはり可動部分というか、機械の部分は何年かすれば交換や修理をする必要があると思うのですが、どうしても長持ちさせたいのであれば、針式ではなくデジタル式の製品を選ぶと良いのではと感じました。
>デジタルでは機械部分が無い(?)ので、耐久性はかなり高くなるように思いました。
>ただ、デジタル式はデザインの好き嫌いがハッキリするかも知れませんが ・・

僕の持っている(前回書いた)2つのG-SHOCKは、デジタル・アナログ1つずつです。
あくまでもG-SHOCKでの比較になりますが、質問者さんの書かれている通り、単純な耐久性は、可動部分の少ないデジタルの方が上でしょう。
(皮肉な事に、電池交換したのはデジタルの方でしたが・・・。苦笑)

結局、半永久性をどう考えるかと言う事になると思っています。
(半永久性とメンテナンスフリーは違う、と言う考え方です)

前回も少し書きましたが、機械の部品は、あくまでも消耗品と捉え、定期的なメンテナンスや部品を交換する事で、長く愛する事が出来る・・・個人的には、それも「半永久」だと思っています。
(余談ですが、僕の車は20年目に突入しています・・・手がかかりますが、それだけに手放しにくいです 笑)

引用元-−- 教えて!goo

A2

以前、ソニーが永久保証を付けて販売したラジオ(だったかな)が、
20年位(だったかな)して修理に持ち込まれた時、
当然のように部品が無いので代替品を提供しようとしたら
「修理不能は納得出来ない」と訴訟、裁判が行われたことがありました。
判決は、「ソニーに対し代替品の提供、過大保証は慎むように」
そして、永久保証はその段階で終了(消滅)したと記憶しています。

10年も使えば「半永久的に使えた」と思える世界だし
形見の品でなければ、単なる日常消耗品の部類に入ると思います。

確実に持つのは、保証期間ということになります。

引用元-−- 教えて!goo

A3

カシオG-SHOCK(タフソーラー)を2個持っています。

最初に買った方は、2004年・・・1年ちょっとくらいで何故か電池が切れ(!?)、秋葉原にあるサービスステーションに持っていった所、電池の初期不良(たまにあるとの説明でした)との事で、無償で交換してもらい、それからは無交換です。

もう一つは2006年・・・ちょうど4年くらいになります。
何事も無く、順調に動いています。

何十年も動くか・・・当然ながら半永久性に惹かれて購入していますので、僕も興味のある所ではありますが、幸いまだ大きなトラブルには見舞われていません。

でも、貴方の書かれているように、可動部分・・・歯車や軸受け等の交換は将来的にあるでしょうから、その意味で「半永久・メンテナンス無し」は、流石に大風呂敷だと思います。(笑)

但し、時計自体やはり「機械」である以上、メンテナンスがあるのは仕方の無い事(電池交換も、その中の話)なのかなと思っていますし、そうする事で愛着も深まるとも思います。

引用元-−- 教えて!goo

A4

 6,7年前に通販で購入したカシオのソーラー電波の腕時計ですが、いまだに机の上の置きっ放しでも動いています。狂いもありません。

私ももう還暦ですから、あと10年も動いていればOKです。あの世まで時計なんて持って行きたくありません。

手巻きや自動巻きは何年かに一度は分解掃除が必要でこれに2万位かかってますし、クオーツは電池交換が必要です。そこへいくとソーラー電波は優れものですね。人が見ていようが見ていまいが黙って正確に働いているって健気な奴です。

引用元-−- 教えて!goo

コメント

タイトルとURLをコピーしました