パネライPANERAIルミノール GMT機能の使い方

パネライPANERAI

PANERAI LUMINOR GMT PAM00088

GMT機能とは

GMT機能を有する時計は、通常の時分針以外にGMT針を備えています。通常の時針(短針)が12時間で1周するのに対して、GMT針は24時間で1周します。(製品によっては、GMT針も12時間で1周する製品もございます。) さらに、短針(時針)とGMT針がそれぞれ別々の時刻を表示するように時差の設定が出来るので、旅行や、お仕事上の海外との取引等にも有効にご使用いただけます。

引用元-−-時計のいろいろ|GMT

グリニッジ標準時

グリニッジ平均時(グリニッジへいきんじ、英語: Greenwich Mean Time, GMT)は、グリニッジ天文台・グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時(mean solar time)を指す。イギリスの標準時(standard time)は伝統的にこの名で呼ばれる。ただし日本では平均時ではなくグリニッジ標準時(グリニッジひょうじゅんじ)と訳されることが多い[1]。
かつて国際的な基準時刻はグリニッジ平均時であったが、現在は概念を修正した協定世界時 (UTC) となっている。
こうした事情からUTCとGMTが近似的に同一視される事もある。 用語“G.M.T.”および“Z”(通話表で使用する語は Zulu)は、航法や通信の分野で UTC と一般的に同義語として認められる[2][3]。 また、GMT は時刻の最大精度が整数秒である法令、通信、民生用その他の目的では UTC の意味で使用される。一方、GMT は天測航法及び測量における暦の独立引数としては世界時の UT1 の意味で引き続き使用される。ただし、GMT は適切な名称(UTC、UT1 または UT)で置き換えられる[4][5]。

引用元-−-Wikipedia

パネライGMT機能の使い方

Greenwich Mean Time の頭文字がG.M.T.です。
グリニッジ標準時を表します。

パネライに限らず、GMT機能付き時計は、
現所在地と他の都市の時刻の二つの時刻を表示出来ます。
通常の時針・分針・秒針の他にGMT用の針があり、
その針で二つ目の都市の時刻を表示します。

現在地の時刻は普通の時計と同じで、12時間表示ですが、
二番目の都市の時刻表示は、24時間表示の数字で読み取ります。

引用元-−-Yahoo!知恵袋

PANERAI LUMINOR 1950 3Days GMT

Panerai_Luminor_3Day_front_560

2009年、パネライは自社製ムーブメントの第2のラインを発表した。P.9000系キャリバーである。
パワーリザーブが8日間から3日間に短くなったP.9000系キャリバーは、自動巻き機構を搭載し、価格もP.2000シリーズに比べて大幅に抑えられている。P.2000系で自動巻きモデルのキャリバーP.2003は、10日間のパワーリザーブを備えているが、これを搭載した時計は161万7000円と、今回のテストウォッチであるルミノール 1950 3デイズ GMTの倍近い価格である。
3デイズ GMTはそれでもなお、第2タイムゾーン表示機能(12時間針用の昼夜表示は非装備)やパワーリザーブインジケーター(ケースバック側にあり、水平スライド式ではない)など、10デイズが備えていたスペックをほぼすべて搭載している。また、リュウズを時刻合わせのポジションに引き出すと秒針が戻る、ゼロリセットセコンド機構も備えている。

今回のテストウォッチに搭載されたキャリバーP.9001以外に、P.9000シリーズには第2タイムゾーンやパワーリザーブインジケーターを載せていないモデルもあり、キャリバーP.9002ではパワーリザーブインジケーターが文字盤側に搭載されている。 今回のテストウォッチでも、イタリア生まれのスイスブランドが生み出すモデルのすべてに共通するアイデンティティを直ちに認識することができる。ポリッシュ仕上げのベゼルを備えたサテン仕上げのクッション型ケース、リュウズをケースに押し込むレバーロック機構の付いたリュウズプロテクター、そしてアラビア数字とアワーマーカーを組み合わせた文字盤構成は、パネライ独自の様式だ。1950年製のルミノールのモデルまで遡るこのデザインの主題は、見事な解釈が加えられつつ、今回のテストモデルにも受け継がれている。しかし、パネライの他のモデルとあまり違いがないと言えば、それも事実である。プロダクトラインが著しく相似していることは、ブランドの強みであると同時に弱点にもなってしまう。このデザインを好まない時計愛好家にとっては、同一ブランドで選べるモデルがないのはやはり短所となる。強みはやはり、どのモデルもひと目でパネライと分かる点である。また、デザインがレトロであるが故に、時代が変わっても古びて見えないのも長所と言えよう。ルミノール 3デイズは、10年経っても決して時代遅れにはならないのだ。これは、市場で発表される最新モデルのすべてに当てはまることではない。

3デイズ GMTは、パネライの多くのモデルと異なるディテールをいくつか備えている。日付ディスクの文字は完全な白ではなく、ベージュがかったオフホワイトである。また、3デイズでは嬉しいことに、パネライの日付に時折装備されている円形の拡大レンズが省略されている。多彩な機能にもかかわらず、文字盤はいたってシンプルな構成だ。GMT針はローカルタイムを表示する時針の下に隠れており、パワーリザーブインジケーターは裏蓋側のムーブメントに取り付けられている。P.2000シリーズではドーム型に盛り上がった風防がよく見られるが、3デイズではわずかにせり出す程度になったのも好印象である。

引用元-−-高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

高い技術を兼ね備えたパネライPANERAI

panerai-pam441

パネライは1860年精密光学機器のメーカーとしてフィレンツェに誕生しました。 イタリア海軍の要請により、初のプロフェッショナルダイバーズ・ウォッチを製作し第二次世界大戦では特殊潜水部隊が使用 “伝説の時計”を作り上げました。

その後、1980年代まで軍事機密として門外不出でしたが、 1993年に初めて民間用に時計を発表しました。
「知る人ぞ知る」という時計でしたが、映画の中で主人公が着用していたことにより、一躍脚光を浴びることとなります。
2005年に自社製ムーブメントCal/P.2002を搭載したモデルを発表し、マニュファトゥーラへの道を歩み始めたパネライ。2008年までに機能的進化を遂げたキャリバーを充実させ、キャリバーP.2000シリーズを構成し、2009年はさらに進化したCal/P.9000シリーズを登場させて周囲を驚かせました。Cal/P.9000シリーズは、手の届く自社キャリバー搭載の“マニファトゥーラモデル”として今後の充実も多くのファンから期待されております。

パネライはスイスの高い技術を兼ね備えた信頼性とイタリアの卓越したデザイン感覚との融合で、 絶大な人気を誇っています。
ユニークなデザインの大型モデルやハイスペックなモデル、そしてなによりもイタリア海軍潜水部隊の勇名を支えたという歴史的な伝説をもつパネライの時計をぜひ当店にてご覧下さい。

引用元-−-パネライ(PANERAI)ISHIDA BEST 正規時計

PANERAIの魅力!! -YouTube動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました